愛人契約の詐欺師の手口と被害者の落ち度を徹底解説

近年になって再び急増している詐欺の中で、愛人契約を誘い文句とする詐欺が話題になっています。

弁護士に相談しても残念ながら多くの事例として泣き寝入りせざるを得ない状況だそうです。

以前から愛人契約の詐欺被害者が減っていません。

そこで、愛人契約詐欺についてその手口を解説したいと思います。

 

■愛人契約詐欺の過程

被害者と詐欺の犯罪者は、出会い系サイトを通じて接点を持つケースが多いです。

犯人は毎月の貢ぎ物や手当の支払などを条件とする愛人契約を提案します。

まずはお互いの希望条件を交渉するために、ホテルのラウンジを利用します。

犯人はお金持ちを装っていて、ブランド品の服装や高価時計を身に着けていことが多いようです。

なお、「成功者」を装った犯人が来るというパターンのほかに、「成功者」を紹介するという人物が現れるというパターンもあるようです。

犯人は、月々の手当を数十万支払うことを要求するのが最大の目的ではありません。

実は、犯人は被害者のクレジットカードの決済口座を犯人の口座にしようという案があります。

つまり、被害名義のクレジットカードをどんなに使っても、犯人の銀行口座から引き落とされるので心配はない、自由に使ってよいという提案です。

また、犯人はクレジットカードを自分に預けてくれれば決済口座の変更手続をやっておくと申し向け、被害者からクレジットカードを受け取るのです

詐欺の犯罪者は、決済口座の手続に必要であることを理由にして、詐欺被害者から暗証番号も聞き出すことに最大のエネルギーを使います。

犯人はクレジットカードを受け取り暗証番号を入手したら、急いでコンビニのATMに行ってキャッシングローンの限度額まで現金を引き出します。

被害者にとっては、後日に身に覚えのない高額な請求書を受け取って、唖然となるか初めて被害に巻き込まれたことを認識することになります。

以上が主な愛人契約詐欺の一連の流れになります。

 

■詐欺師の発見は困難

犯人は被害者を信用させるために、免許証や保険証などの身分証明書を提示することもあります。

しかし、知能犯は偽造の身分証明書を使って、身元を特定させない工夫をしています。

また、犯人の携帯電話の電話番号から契約者情報を調査しても、プリペイド携帯などであって本人を追求できないそうです。

後々になっても犯人の身元を特定しようとしても全く手がかりが存在しないわけです。

ほとんどが犯人の身元すら特定できず泣き寝入りしています。

詐欺のシナリオが詐欺師の間で情報共有されているので、被害相談が絶えないそうです。

クレジットカードを渡したり、暗証番号を教えたりすることは絶対にやめておきましょう。

詐欺師は当然として許せないですけど、被害者も自業自得でしょう。

愛人契約しておきながら、暗証番号とクレカを渡すのが最悪な行いだとわかっていないのは問題です。

そもそも愛人契約なんかすることが無能の証拠でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です