ペット禁止の賃貸借契約で犬猫を飼う住人を強制退去できない?

不動産オーナーの皆様は、迷惑な賃借人に対して悩みがある場合に何かしらの対処方法があるのでしょうか。

早朝や深夜まで騒音苦情やゴミ出しなど、近隣住民とのトラブルを起こす賃借人に具体的な行動を起こすとなると面倒な手続きが必要になる場合もあります。

使用目的を定めていたのに目的と違うとなると何かしら言いたくなるのは気持ちもわかります。

何回も注意勧告しても耳を持たない賃借人を追い出したいオーナーさんもいるでしょう。

特にペット飼う事を禁止しているのにかかわらず、借主がペットを飼っているときに退去させることができるのでしょうか。

 

■賃貸借契約の解除は困難?

賃借人に出て行ってもらうためには、賃貸借契約を解除する必要があります。

賃借人が同意してくれない場合、法律上の解除原因がなければ契約解除することはできません。

賃貸借契約にペットの飼育を禁止の特約を付していたのに、賃借人がペットを飼育していたとすれば、用法違反として法律上の解除原因となるのでしょか。

実は、用法違反が認められてもスグに賃貸借契約を解除できるわけではありません。

実際、ペット飼育禁止の特約付きで賃貸借契約を締結し、賃借人がペットを飼育したものの、賃貸借契約の解除が認められなかった事案があります。なぜでしょうか。

実は、賃貸借契約を解除ときに、賃貸人との信頼関係をダメにする理由が明確でない場合は、契約解除は認められません。

ペット禁止の物件ならば飼う側の賃借人が確実に悪いのですが、法律では論点が違うようです。

違反しているのを承知していてもやったもん勝ちなのが納得できないです。

そもそも嘘ついてペット飼っている時点で信頼関係が壊れていると思います。

キチンと飼ってるから大丈夫とかそういう問題ではなく、自己都合でルールを無視することが問題のはずです。

そこに信頼関係を維持できないしょう。

オーナーと住人との信頼関係は契約内容を守るか否だけです。

万が一、近隣に動物アレルギーの人とかいたらどうするんだろう。

アレルギー持っていてペット不可を選んでいる人もいます。

動物苦手だからペット禁止の住まいを選んでる人からすると、ペットを飼っているだけで迷惑行為に感じます。

今はペット可能物件が増えています。

犬を飼うのであればルールはちゃんと守るのが飼い主としての責任です。

そういうルールを守れないのであれば、飼うべきではない。

ルール違反する人がいるおかげで、犬愛好家や犬飼いが叩かれてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です