超カッコイイ!レクサス「CT200h」の安全装備と内装がスゴイ

8月24日に発売された新型「レクサス CT200h」の安全装置が高い評価を獲得しています。

以前までオプション扱いだった予防安全パッケージ「レクサス セーフティ システム+」が標準装備されています。

緊急時の自動ブレーキなどの運転支援システムの技術開発は劇的に進化しています。

ところが、本当に普及して初めてその価値が問われて最大限の効果を発揮してくれます。

プレミアムモデルから大衆車まで、オプション装備よりも標準装備であることが期待されています。

確かに小売価格が値上げしてしまう可能性あります。

しかし、現代では安全性を優先して自動車を選択しているドライバーが増えています。

レクサスのコンパクトハイブリッド「CT200h」はどのような安全装備でしょうか。

標準装備しているのは以下の4つです。

「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)」は車線逸脱による事故を予防します。

「プリクラッシュセーフティ」は歩行者検知機能です。

「オートマチックハイビーム」はロー・ハイビームを自動で切り替えます。

「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」。

安全装備の標準化と同時に、内外装も斬新なデザインと機能を施しています。

レクサスの代名詞として名高い「スピンドルグリル」は、グリルメッシュの密度を変えて高輝度の金属風にペイントしています。

今まで以上にさらにスポーティで華麗な内装にグレードアップしています。

ヘッドランプはボディサイドのキャラクターラインとの連続性を保持したアローヘッド形状を搭載してます。

リアランプは視認性の性能アップしながら遮光力を強調しています。

足元では、切削光輝処理しながらダークメタリック塗装の16インチアルミホイールが輝いています。

また、スポーティグレードの“F SPORT”については、スピンドルグリルに新しいFメッシュパターンを搭載しています。

各種パーツをダーク調でコーディネートしているのも魅力的です。

精悍で行動力あるイメージを強調しています。

内装では、ナビディスプレイを10.3インチに拡大しています。

さらに、全8種類のオーナメントパネルを採用しているので、お好みの仕立てを選択できるのは面白みが増えていいです。

 

■グレードおよび価格
CT200h=377万円
CT200h “version C”=399万円
CT200h “F SPORT”=440万円
CT200h “version L”=477万円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です