自動車の盗難方法「リレーアタック」の内容、予防と対策

最近の自動車は、車両に接近したりドアノブに触れるだけでドアロックを操作できます。

また、ボタンを押下するだけでエンジンスタートが可能なスマートキーが主流です。

このようなスマートキーを狙ったクルマの盗難方法の一つが「リレーアタック」です。

そんなリレーアタックの仕組みと対策に関して検証しましょう。

 

■リレーアタックの仕組み

スマートキーは、車両に搭載されているコンピュータと通信して、正規のキーが近くにあるかどうかを判断します。

キーから車両へは315MHz帯の電波を常時出しています。

また、車両からキーへは125/134kHzを使用しています。

信号は暗号化されているため、解読したりコピーするのは難しいです。

そして、スマートキーから出ている電波はとても微弱でなので、到達距離はわずか3m程度です。

そこで「リレーアタック」という手口が考案されたのです。

まず、実行犯Aが車両から離れた正規ユーザーに接近します。

携行するスマートキーの電波を特殊デバイスを使って別の周波数に変換し、増幅して送信します。

車両の近くにいる実行犯の一人が、その電波を受信して元の周波数に変換します。

対象車は正規のスマートキーが近くにあると誤って判断してしまい、ドアの開閉やエンジン始動できます。

電波を中継するという事は、電波をリレーして犯行をするということです。

 

■リレーアタック対策

リレーアタックを使って電波を別の周波数に変換するのは、

放置していると増幅した電波をさらに増幅することになります。

いわゆる発振してしまうのを避ける必要があります。

機器を得るのが簡単なのは140~150MHz帯で、400~500MHz帯に変換されると推察されます。

リレーアタックで盗難された車にはキーが無いので、1度エンジンを止めたら二度と始動できません。

犯人たちは盗難車を基地まで持ってきたら、その盗難した車の装置やコンピュータを全て交換すると思われます。

リレーアタックの予防や対策するならば、自動車から離れたらスマートキーの電池を取ってしまいましょう。

しかし、電池をつけたりとったりとてもめんどくさいです。

そのため、市販のスマートフォン専用の電波遮断ポーチにスマートキーを装着するのが最適です。

一部の高級車にあるような、スマートキーを差し込まないとエンジンがかからないようにするのも悪くはないです。

ハンドルロックもやっておくほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です