ED原因の生活習慣・食習慣とED予防と改善策

EDになりやすい生活&食習慣があるのをご存知でしょうか。

EDとはいったいどのような病気なのだろうか。

ED(Erectile Dysfunction)とは、勃起不全や勃起障害となって、満足な勃起ができない、勃起を維持できない症状です。

勃起しない状態の他に、勃起しても途中で萎えたり、挿入してから射精にまで至らずに縮んでしまうこともEDとされています。

 

■EDのリスクを高める原因

EDを発症してしまう原因の多くは、乱れた生活と食習慣の乱れによる血行不良です。

EDの症状は、おおむね血行不良によって骨盤内の血液の流れが阻害されることで起こります。

血行不良は、コレステロール・脂質・炭水化物の過剰摂取などの偏った食事、運動不足、睡眠不足、喫煙、過度の飲酒、過度のストレスなど、悪い生活習慣や生活環境が原因です。

その結果として、ED発症のリスクが高まることにつながります。

食生活に関して、野菜を食べないで、揚げ物、肉、ラーメン、カップ麺、パンやスナック菓子が食生活の中心になっている人は危ないです。

揚げ物などの食べ物は、血液をドロドロにします。

また、揚げ物はお酒との相性もよく、同時に飲食することでさらに血液がドロドロ状態になります。

摂取カロリーも高くなるので控えましょう。

また、糖分、脂肪分、塩分の摂り過ぎも血液を悪化させますので、摂取量を控えることが必要です。

 

■生活&食習慣を見直す⇒ED予防・改善

EDを予防・改善するためには、日頃の生活&食習慣をどのように気をつければいいのだろうか。

EDの予防・改善するには、栄養バランスの整った食生活に変えましょう。

さらに、運動不足や睡眠不足など、全体的に生活習慣、食習慣などを見直して、血液をサラサラの状態に保つことが大切です。

ストレスや疲れを溜め込まないような生活を実践してほしいです。

血液をサラサラにする食材として野菜、青魚、海草類、大豆、納豆、黒酢、キノコ類、ネギ類、お茶を毎日の食生活に取り入れるのがED予防・対策です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です