小林製薬に批判殺到!健康食品や化粧品などのネット広告が違法?

先日、ネットニュースでは健康食品の広告で小林製薬が批判されていました。

ネット広告のシステム上、特定のサイトの記事に連関して広告を出すのが当然です。

Buzzfeedはどのような内容だったのかというと…

小林製薬のやり方は以下だそうです。

ガン根治治療の記事に広告が貼れる場合、効果効能を明記しないで末期がんで治療が役に立たない患者やその家族向けとなる内容でアピールします。

その結果、効果の無さげな健康食品を堂々と売りつけようとしています。

まさに苦しい人間をターゲットにするかのような戦略ですから、批判されても仕方がないです。

しかしながら、ネット広告ではそういう「広告欄が置かれている良質な記事に自社の広告を置きたい」という需要が一番強いのです。

肥満体で体脂肪や体重で悩む方々がダイエットや健康に興味をもって記事を読みます。

その記事に広告が載っていてダイエット商品や健康食品の広告が貼られていたらクリック率が上がるのは当然です。

小林製薬が本当にステマ紛いを狙って広告を打ったというよりは、ネットメディアに古くからある手法が良くないという結論です。

小林製薬ってネット広告だけでなく、テレビCMも胡散臭いです。

 

■ネット広告の立ち位置

根深い問題は広告で販売されている商品が本当に効果があるのか立証できないことです。

つまり、実質的なステルスマーケティングとして記事広告を踏ませているのと同様なのです。

しかし、そもそもWEBマーケティングでは当たり前であって、アフィリエイトのコンテンツはそのような広告がクリックされやすいように誘導する記事を書くのがノウハウとされてきました。

小林製薬も同様にターゲティング広告も批判されるとは想定外だったと思われます。

勘違いしないでほしいのですが、記事広告を掲載して良いとかブランディング広告を作れば必要な人に届くはずだと考えるけど、難しいのが現実です。

広告に依存する商品は健康食品の中でも効果が期待できない程度のレベルだと思われます。

製薬会社に勤務している人には、小林製薬の広告には怒りを持っています。

製品のネーミングも「ガスピタン」「ナイシトール」などふざけている。

内臓脂肪にナイシトール ってCMを見て一年ほど使用したけど効果なしと言ってました。

24時間テレビでも 小林製薬のCMが流れてここの製薬会社は法律スレスレな会社だと思いました。

効果が証明できない商品を広告でアピールするのは景品表示法に抵触するのではないでしょうか?

「製薬会社」の名のもとに胡散臭い健康食品や化粧品を売る企業が多いです。

怪しい広告を出すような企業には批判されてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です