交通機動隊の白バイやパトカーが狙う交通違反3つ厳選

交通機動隊には取り締まり強化期間だと明確な目標件数があるそうです。

新人でも月間の交通違反車を見つける数字目標があります。

その目標件数を達成しないと、部署の来期予算編成で削減されることになるので頑張ります。

査定に響くのでがむしゃらに捕まるそうです。

優秀隊員は“持ち場”があって捕まえやすい交差点などを持っています。

しかし、優秀でない人は月末になっても必死に違反者を探す必要があります。

このため、月末はセコイ交通違反が狙われるのです。

月末にまず狙われる交通違反が「黄色線での追い越し」です。

危険行為の一つです。

警察は渋滞の高速で路肩走る奴や交差点に路駐するバカや暴走族を徹底的に取り締まってほしいです。

前から思っていたが、検挙件数を目標にしていること自体がおかしいわけです。

国民全員の交通マナーが向上し、違反走行がゼロになるのが理想のはずです。

そこで、交通機動隊が月末に狙うセコイ交通違反の3つを紹介しましょう。

 

■交通機動隊が狙う交通違反

交通機動隊の覆面パトカーで夜に行うことが多いです。

法定速度ギリギリかマイナス10km/hぐらいで走行します。

すると、後ろに付いたクルマやバイクがイライラして追い越すのです。

法定速度マイナス10kmの車を見通しが良いところで追い抜く行為が危険だろうか?

バイクが追い越していくケースが多いといいます。

第二に「原付きバイクの2段階右折無視」です。

大きな交差点で右折してくる原付きバイクを待って、取り締まりの準備をします。

そのまま走り去られることも多いので、交通機動隊の白バイを稼働して待機するのです。

交通量が少く、完全に安全を確認してからの二段階右折無視が危険だろうか?

第三に「整備不良車」も白バイ隊員たちの餌食になります。

テールランプの電球切れなど整備不良を捕まえます。

テールランプの球切れは、運行前点検を毎日実施しても完全に予防できないので、きちんと点検しても捕まったら運が悪いです。

そもそも整備不良も教習所で乗る前に車両点検を行うことを教えられているから、違反取られるのは当たり前という意見はわかります。

しかし、点検日報で記録を残しているような人がいるとは思いません。

それをやっておけば不可抗力を裁判官の前で主張すると無罪になるかもしれません。

いつきれるか分からない全ての灯火類の予備を持ち歩き、切れる前に交換なんて事が可能だろうか?

意外にクルマを運転する本人が気付いていないことが多いので注意しましょう。

違反の多い場所の危険な場所は、不合理な規制のため全員が苦慮しています。

そんな場所だからこそ警官が立って指導誘導するとか規制のしかたを検証するなど行うのが先でしょう。

これもとくにバイクに多い交通違反です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です