家庭で歯垢や歯石除去できる一押しツールを厳選

食事のカスや歯垢を取り去り歯石を予防するためのツールを知って、できるだけ歯を綺麗に保つようにしましょう。

まず、見える大きな食事カスを取って歯の表面からできるだけ糖分を除去しましょう。

そのために効果大なのが「電動歯ブラシ」や「歯間ブラシ」です。

通常の歯ブラシによるブラッシングは基本中の基本ですけど、これもかなり効き目があります。

歯並びが不揃いな場合もそうでない場合であっても、磨きにくい箇所をしっかり磨けるように毛先のヘッドの小さい歯ブラシやデンタルフロスを常備しておくのをおススメします。

また、歯磨き粉を使うときの注意点がいくつかあります。

電動歯ブラシの場合、研磨剤が含まれているかどうかを確認しましょう。

研磨剤が含まれている場合には電動歯ブラシで使用可能かどうかを確かめてください。

余計な傷を歯の表面につけてしますと、虫歯を予防するための鉄壁の壁に値する歯のエナメル質を傷めてしまいます。

その結果、歯の表面がざらついてしまって歯垢を付着しやすい状態を誘発してしまいます。

また、歯磨き粉の泡立ちが少なすぎると「しっかり磨いた」と思い込んでしまうことが少なります。

実際の磨いている時間が短くなって早く済ませることが激減するでしょう。

以上から今のところ、ジェル状の歯磨き粉がおすすめです。

そもそも歯垢は48時間で歯石に変わってしまいます。

何よりも磨き残しがないのが最も望ましいのですが、週に一度か二度は歯垢の染色剤を使ってみてください。

そうすると磨き残しをすぐに発見できてそれを磨くこともできます。

また、次回から歯磨きする際には、赤く染色液が残った箇所の周辺を集中して磨き上げるように意識できます。

多い場所に注意を向けて磨くというヒントを得られます。

実際に歯石ができてしまった場合、歯科クリニックで除去してもらうのが一番安心で安全です。

口内を損傷してケガの心配もありません。

ただし、時間がなくて歯医者に通えないならば、市販されているスケーリング用具で歯石除去にチャレンジしてみてください。

できるだけ時間と手間をかけて歯をお手入れすることで、歯垢や歯石を除去して大切な歯をクリアーにしてほしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です