歯石予防の方法!電動歯ブラシ、口内ケア講座・レントゲン写真を活用

溜まった歯石を除去したら、その後に歯石を溜めることのないように歯石予防に気合いを入れてほしいです。

最初に自分で自助努力できることがあります。

歯磨きする時間を確保して、ハミガキ習慣を意識しましょう。

歯ブラシと歯磨き粉など、歯や歯茎をキレイにする道具を用意するのも大切です。

例えば、高性能の電動歯ブラシを使用することで、今まで磨き残しあった歯間や歯茎の隙間に超音波の水流を流し込んでください。

微細な汚れや口臭の原因菌を落とすなど、歯垢を溜めないのがポイントです。

ただし、電動歯ブラシだから大丈夫!だと油断していると、どうしても歯磨きが適当になってしまうのでご注意してください。

また、歯科クリニックで定期検診を受けに行くことで予防歯科を忘れないようにしましょう。

上手にハミガキ道具を上手に使いこなすために口内ケアを教えてもらうのも良いでしょう。

歯科クリニックでは顕微鏡で口の中の細菌をチェックして画面で状態をみせてもらえます。

さらに、口内のレントゲン写真を撮影してくれると安心できます。

定期的に診察に行くことで確認してみてください。

歯並びの良くないことから磨きにくさがある場合には、歯列矯正を受けることも視野に入れると良いでしょう。

出っ歯や八重歯などがあると、歯間や歯茎の隙間に歯ブラシの毛先が届きにくいです。

また、電動歯ブラシの超音波水流が必ずしも万全だとは断言できません。

たしかに歯列矯正は安くはないですが、歯を失うと取り戻せません。

歯槽膿漏などで歯にボルトで入れ歯を固定するインプラントすると治療費が莫大になります。

 

■歯磨き粉だけで除去は無理!?

歯石除去は保険診療の範囲内であれば初診料や検査も含めて安価で受信できます。

しかし、歯科によって一回で終わらないで、通い続けると費用が積み重なるかもしれません。

忙しくて歯科クリニックに予約を入れられない人も多いようです。

頑張って歯磨きで磨くだけでケアするのは片手落ちです。

歯石は歯ブラシで落とそうとしても除去しにくいです。

もちろん、歯石を取るためのスケーリングの道具が販売されていますのでセルフケアできます。

しかし、全部を取ることは難しいものです。

歯科クリニックになかなか通院しにくい場合、自分でキレイにするのは一時しのぎですのでおすすめできません。

定期的にクリニックに通って、短期間で歯石除去をすっかり済ませるほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です