歯石が全身病魔の原因!歯周病から口臭、歯周病、心臓病など被害甚大

■歯石が大きな病気の元!?

虫歯は痛い、苦しみたくない!怖いのは虫歯だけではありません。

歯垢をきちんと除去しないで放置して歯石を作ってしまうのは、どうして危険なのでしょうか。

歯石が残ったままだと虫歯以外にも不安要素やリスクを抱えることになってしまうからです。

歯石はその原因である歯垢と同様に細菌の集まりです。

歯石取りが不完全ですと、食事などで糖分を取るたびに虫歯の原因菌・ミュータンス菌が歯を溶かし続けることになります。

この生活習慣になることによって虫歯になりやすくなります。

また、歯石が長期間にとどまっていると歯茎の歯周病が急増し続けます。

最悪の場合、歯周病が続くと歯槽膿漏や歯を失う可能性も高まります。

さらに、歯周病にはもっと恐ろしい結末も待っています。

なんと全身への悪影響があると言われています。

例えば、歯周病は心臓病の原因になりうるそうです

歯周病の細菌が動脈内に、細菌の集まり「プラーク」を形成して血流が悪くなるからです。

心臓へ血液供給する冠状動脈において、プラークが動脈の閉塞の原因となって心疾患を発症することがあります。

強い胸の激痛を感じたり、最悪だと心筋の一部が壊死することもあるそうです。

また、歯周病が炎症すると、サイトカインという物質が作られます。

このサイトカインの中の一種は、血管から体内に侵入すると体内のインスリンを抑制する働きを阻害すると言われています。

糖尿病に罹患している人間が歯周病の治療をしていないと、インスリンの働きが抑制されてしまって血糖値を下げるのが困難になります。

さらに、身近な問題となると、口臭がきつくなる場合もあります。

大人の付き合いではどうしても口臭が酷いと指摘しにくいでしょう。

しかし、口臭が原因となって人間関係が悪くなったり避けられてしまうのはとても残念です。

歯周病の元にもなり得る歯石は、様々な合併症を生じることも多いので、できるだけ溜めないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です