アンダーヘア処理の注意点!Vゾーン脱毛のコツと秘訣

■アンダーヘアの正しい整え方

女性にとってアンダーヘアの処理は避けて通れないかもしれません。

アンダーヘアにはVゾーン、Iゾーン、Oゾーンとあります。

アンダーヘアを整えようと考えながら具体的にどのような処理手順にするのが大切なのでしょうか。

具体的なやり方を知りたい女性は多いようです。

デリケートゾーンを清潔に保つためにも、アンダーヘアの正しい整え方についてしっかりマスターしていきましょう。

清潔感あるワンランク上の美を磨いていくに、普段見えない部分のケアも大切です。

この機会にアンダーヘアの処理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

【アンダーヘアの処理方法】

【1】刃先が小さなハサミと小型のカミソリを用意します。

最初に整えたいアンダーヘアの形を決めます。

評判高いアンダーヘアの形状の中には、正面から見ると逆三角形のトライアングル型や楕円形があります。

 

【2】アンダーヘアをハサミで決めた形になるように少しずつカットしていきます。

残したい部分の毛も長すぎるなら、はさみで2〜3cm程の長さまでカットしていきましょう。

 

【3】お好みの形からちょっと出る部分の毛を1cm程度にハサミで切って、全体的にカミソリで整えて完成します。

最初からカミソリを使用すると刃に毛がからんで、肌を傷つけてしまう恐れがあります。

まずハサミで少しずつカットしながら形を整えます。

処理後、炎症を抑えるために冷えたタオルを当て、保護クリームを塗るのをおすすめします。

 

■アンダーヘア処理する注意点

アンダーヘアは他の部位に比べると非常にデリケートな部分です。

そのため、ケアする際には十分な注意が必要です。

自分で処理するセルフケアの場合、どのような点に気をつけるべきか、いくつかピックアップしてみました。

 

【1】【VラインだけでOK】

Vゾーン、Iゾーン、Oゾーンの全てがアンダーヘアになります。

その中でもVラインの処理だけでも処理するとかなりスッキリします。

アンダーヘアの処理に慣れない初心者は、鏡がなくても比較的に脱毛処理しやすいVゾーンから始めてみましょう。

 

【2】【皮膚科でケア】

肌が弱く、かぶれやすい人や剃毛の肌トラブルが多い女性は、専門機関の皮膚科でレーザー脱毛をしてもらうのをおススメします。

自宅用脱毛器も購入できて自宅でも処理しやすくなっています。

しかし、メラニン色素がアンダーヘアゾーンに集中しているため、炎症や色素沈着の危険度が高いので専門医の指示の下、ケアを行うようにしましょう。

 

【3】【脱毛石鹸】

アンダーヘアはアンダーヘア全ての部分を処理する「オールオフ」も人気が高いです。

洗うだけで簡単に脱毛できる脱毛石鹸が使いやすくてイチオシです。

カミソリと比較すると肌への負担も最小限に抑えることができて、肌トラブルを予防できそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です