冷やご飯でダイエットできる方法と理由

ご飯は大好きだけれど、ダイエットのために我慢している方は多いのではないでしょうか?

ご飯を我慢しないでダイエットできる方法があるなら試してみたい人が多いのではないでしょうか。

お米は炊くことによってデンプンという成分ができます。

このデンプンは、小腸や大腸に短時間で速やかに吸収されるので、脂肪蓄積しやすくて太る原因につながりやすいそうです。

しかし、このデンプンは冷却されることで「レジスタントスターチ」」というデンプンに変化します。

このレジスタントスターチは、小腸や大腸に吸収されにくいと当時に脂肪になりにくいです。

他にもこのレジスタントスターチには、すごいところがあります。

カロリーはデンプンの半分とも言われており、同じ物を食べているのに、カロリーが違うなんて少し不思議な感じがしますよね。

また、血糖値の急激な上昇も予防してくれます。

ダイエットには血糖値が大きく関係しますので、これも嬉しいポイントです。

その他、冷やご飯を食べることで満腹感が得られ、便秘改善や脂肪吸収を予防することもできます。

ダイエットには嬉しいことばかりの冷やご飯です。

ご飯を食べられるということで気持ちも楽になり、ストレスなくダイエットを実践しやすいでしょう。

是非、冷やご飯でダイエットを試してみてください!

 

■冷やご飯ダイエット

冷やご飯ダイエットのやり方は簡単です。

温かいご飯を冷やして食べるだけという方法です。

温かいご飯を食べているのに冷やご飯を食べることに抵抗感を持っている人は、炊いた後のご飯をおむすびにして冷蔵庫に冷やして食べましょう。

コンビニに行けば冷えたおにぎりが販売しているので、拒否反応なくて食べられると思います。

ただし、コンビニのおにぎりの場合、冷やご飯という利点もありますが、お米に若干の油分を混ぜている商品が多いので、ダイエット食としてはあまり評判良いです。

ランチのお弁当を作ってオフィスに持参するなら、できるだけ冷蔵庫に入れて冷やご飯を召し上がってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です