髪がサッと乾く裏ネタ!ドライヤー使う前にテクニック

しっかり髪を乾かさないで寝てしまうと、寝癖がひどくなったり、髪が傷みやすいです。

夏はドライヤーの熱い風を嫌って、髪を乾かさないで放置してしまうのは危ないです。

長髪です。今の季節はドライヤー中の汗が大変です。

乾かせば乾かすほど頭皮が汗で濡れます。

ダイソンとかパナソニックなどの高級ドライヤーが欲しいのですが…。

そこで、スタイリストが使ってサッと乾かす方法を解説します。

 

■ドライヤー前にコーム使う

コームで先にとかすと、髪が傷むって聞いたことありますが、タオルドライを終えたら、粗めのコームで一度とかします。

粗めのコームで髪の絡みをほぐすと、ドライヤーの風がスムーズに通るようになります。

“風の通り道”を作るイメージでとかすのがおススメです。

コーム前に「洗い流さないトリートメント」や「朝のセット用のスタイリング剤」を塗布してみてください。

髪の毛全体にしっかり浸透します。

また、熱風から髪の毛を保護するヘアケア剤を塗布してからドライヤーで乾かすと、ダメージヘアーを予防できます。

 

■タオルドライが重要

ドライヤーを使う前にタオルドライをしっかりするが重要です。

タオルで毛先の水を切ったら、今度は髪の根元の水分を取っていきましょう。

タオルで頭皮をモミモミもみほぐしなら拭いてみましょう。

頭皮や根元をタオルドライしてから頭皮にドライヤーを使うと、毛先から乾かすより短時間で効率よく乾きます。

 

■乾いたタオルを当てながら乾かす

根元からドライヤーの風を当てると、スピーディーに髪を乾かすことができます。

その際に毛先は後回しから乾燥してください。

根元の頭皮に風を当てるようにしてください。

ドライヤーと髪の距離が近すぎると痛めるので30cmほど離しましょう。

そして、頭皮を指先でマッサージしながら頭髪をバサバサふりながら乾かしていきましょう。

ロングヘアならば片方の手で乾いたタオルを持ち、髪を挟みながら乾かすと早く乾きます。

ヘアドライグローブというマイクロファイバーの手袋もありますので、活用するのもオススメします。

髪を握って絞りながら乾かせるので、髪の毛の長い方は慣れればかなり時短になります。

髪を乾かしたら、最後に頭皮から髪にかけて仕上げに冷風を当てると、熱が取れて、この時期の頭皮の汗対策にもなります。

冷風の効果でキューティクルが閉じて髪のツヤもよくなり、全体の印象もぐっとよくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です