食べ過ぎで寿命縮まる見た目年齢が老化する理由と対策

毎日毎日ご飯をたべるのは栄養補給するうえで大切ですけど、食べ過ぎる短命になりやすいです。

同い年の人よりも老けているような気がするなら、実は日々の「食べすぎ」が老化を早めているかもしれません。

 

■見た目年齢と実年齢が違う

実年齢が同い年のなのに、「見た目年齢」に差があるのはどうしてでしょうか。

細胞の老化が進んでいると肌質が悪化しているからです。

同窓会などに参加すると、若々しい人と老けている人がいます。

肌細胞の劣化速度の差はどのようにして発生するのか気になります。

 

■若く見られる工夫

「どうせ遺伝子は変えられないんだから、細胞分裂のタイミングだって変えられない」と思った方もいると思います。

遺伝子は変えられませんが、細胞分裂のスピードは変えることができます。

どのようにするかは昔からよく言う「腹八分目」。

これが若々しさを保つ極意なのです。

食事内容としては、

全粒粉の穀類・野菜・果物・豆類などの植物性食品を積極的にとりましょう。

脂肪の多い動物性食品や精製された炭水化物をひかえめにしましょう。

加工食品はあまり食べないのも大切です。

エネルギー量の少ない食品をアレンジして腹八分目の食生活を継続しましょう。

また、活性酸素を蓄積しないように、抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eを摂取するのも忘れないでください。

そして、時間栄養学を考慮すると、夜中に食べないのも大切です。

しっかり噛んで早めに満腹感を得られるように意識しましょう。

食事方法によっても、細胞分裂を遅らせる方法はたくさんあります。

食事は毎日のことなので適当にしないでしっかり考えてほしいです。

毎食の食事の影響は大きくないかもしれませんが、数千回も食べ続けるので大きな差が生じます。

ウォーキングやジョギング等の運動したり、ストレスためない工夫とストレス発散することも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です