職務質問されやすい人の特徴と職質さける方法

職務質問は犯罪規制や犯罪を疑われる人間を見定めて質問する仕事です。

ただし、規定上は疑惑を感じる相当な理由のある人間とされています。

しかし、その判断は現場の警察官に委託されています。

そこで、職務質問されやすい人の特徴を認識して、それを避けるために活用するべきポイントを解説します。

 

■職務質問で気をつける自動車警ら隊

職務質問で気をつけたいのが、職質のプロの「自動車警ら隊」です。

東京都内であれば車体に書かれた3ケタの数字が自ら隊の目印になります。

職務質問が多くなる時期があることも理解しとくべきです。

捜査強化月間として、6月と11月は職務質問が頻繁に行われます。

実際は1か月前から準備スタートするのを考えると、5・6月と10・11月が職質集中月間です。

警察官はノルマ達成に必死になります。

ちなみに、横暴な職務質問の場合、警察本部の監察室に問い合わせるのも悪くはないです。

また、職質してきた警察官の胸のバッジにある英数字に着目して下さい。

そこには所属や個人番号が指定されているのです。

その中のアルファベットが所属、番号が個人の識別番号を示しています。

例えば、警視庁の場合は「EE」は自ら隊に所属していることを表現しています。

 

■職務質問されやすい外見の特徴

職務質問されやすい人には外見の特徴があるようで、怪しい傾向があるようです。

そもそも、職質する警察官には地方自治体の警察署に応じて職質対象者用のマニュアルや規則に違いあります。

目深な帽子とマスクを装着している人には窃盗の罪を疑います。

長髪や金髪な人間だと健全な仕事をしていると警察官は疑惑を持つそうです。

目元がへこんで頬がこけて痩せている人は薬物中毒者の常習犯だと察知するそうです。

アクセサリーや迷彩柄の服だと武器不法所持や危険物所持の疑いを持つそうです。

大きなバッグは危険物所持&住居侵入の可能性アリというわけです。

帽子とマスクが無し、黒髪で短髪、黒無地の服に荷物少なめでも度々職質される人もいます。

そういう人間は人相が悪いからでしょうか?

やましい事がないなら警察官の職質対象にされたなら速やかに協力するほうが賢明でしょう。

普通に生活している人なら職務質問されても何とも思わないと思います。

無理して逃げようとすると面倒なことになるだけです。

何も避ける必要無いでしょう。

そもそも、警察官は人を疑うのも仕事の一つです。

職質対象者は警察官から見てそれなりの理由があったはずです。

職質で捕まる犯罪者も多いのも事実ですし、

警察は治安を守るためにやっているのですから、協力くらいしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です