美バスト作る方法!エロふわバストの乳トレ解説

エロふわバストの乳トレが話題になっています。

美バスト“おっぱい番長”の乳トレーニングを解説します。

“おっぱい番長”といえば朝井麗華さんですよね。

基本のエロふわボディをつくる“乳トレ”を紹介しています。

 

■バストくるくる

大胸筋はバストを支える土台となります。

いわゆる自分自身の筋肉で支えるブラみたいなものです。

この大胸筋に老廃物のつまりをほぐしてあげるのが重要です。

そこで実践してほしいのが“バストくるくる”という施術になります。

(1)片手の指をそろえてバスト下にそえる

きちんと手で支えることでバストが動くのを予防してくれます。

乳房の乳腺を皮膚や筋肉に連結してくれる結合組織「クーパー靭帯」へのダメージを防いでくれます。

(2)逆の4本の指を使って、鎖骨下からバスト上部へ向けて、内側から外側にクルクルと円を描くようにマッサージしてください。

最後は脇の下のリンパに流すような感じで30秒ほどマッサージしましょう。

(3)もう片方も同様に行う

反対側のバストも同じように30秒くるくる実践してみてください。

大胸筋をほぐすため、多少の痛みを感じる程度の気持ち良いぐらいの強さでマッサージしてみて下さい。

 

■助骨ほぐし

大胸筋のつまりを取り除いた後、バストをふっくらと柔らかくするのが“肋骨ほぐし”です。

(1)片側の手の指をそろえて脇の肉をバストトップに集めます。

(2)グーにした手の第二関節の骨で脇からバストも押し上げるようにマッサージします。

逆の手で握りこぶしを作ってから、バストトップに向かう感覚で、少し斜め上に押し上げるように実践してみください。

(3)脇の下の高さからスタートして、こぶし一つ分ずつ下にずらし、合計3つのラインでマッサージする

左右それぞれのバストを、各ライン10回ずつ、合計30回行って下さい。

 

■グーパー推拿(すいな)

憧れの谷間の育乳に近づける乳トレがグーパー推拿です。

(1)両手をグーの状態にし、第二関節の骨で外から内へと寄せるように圧力を与えます。

外側に流れたバストを補正するために、力を入れてみてください。

(2)脇下、バスト上部、バスト下部の順に3カ所をほぐしてみてください。

肩こりに悩んでいる人は、念入りにほぐしてほしいです。

各10回を3セット、合計30回行って下さい。

(3)手をパーにして大きく開いた手のひらで、体側~バストの土台を内側へ寄せて支えてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です