復縁成功の秘訣!破局の原因別や冷却期間など徹底解説

「元カレのことを忘れられない」という人は、どんな条件が揃えば復縁できるのでしょうか。

「冷却期間」は一般的に必要だと言われています。

しかし、時間を置きすぎると相手は新しい恋を始めているかもしれないし、急ぎすぎると「めんどくさい奴」と思われるかもしれません。

復縁までの「期間」に注目してみましょう。

 

■破局の原因は?

カップルの別れには、様々な原因があります。

復縁を望むなら、その原因をきちんと受け止めて熟考と行動が大きな一歩です。

そこで、別れの原因の事例と復縁の可能性について検証します。

◎遠距離恋愛

遠恋によって交際が思うようにいかなくなるケースもあります。

嫌いになったわけではないのですが、すぐに会いにくい距離は、復縁するには障壁になるでしょう。

交際しているときに恋心が遠くなってしまった相手と、縮めていく意識が大切です。
◎相手の浮気

彼氏が浮気したことで傷ついた女性が別れを選択したり、彼氏の浮気が本気となって彼女をフってしまったという事例も多いでしょう。

彼氏が、別の女性を好きになってしまった場合、「復縁は難しそう」と考えるかもしれません。

でも、冷却期間の置き方や、あなたのアプローチの仕方によっては、彼の心を取り戻せた事例もあります。

復縁が成就したとしても、再び彼を信頼できるか否かがポイントになります。

また浮気するんじゃないかと疑って束縛すると、お互いにとってつらいお付き合いになる可能性もあります。

 

◎性格の不一致や価値観の違い

性格や価値観がズレていて別れるカップルは多いです。

復縁できたとしても、以前に越えられなかった「不適合」の障壁を乗り越えなければなりません。

そこで、冷却期間を利用するべきです。

「価値観が適合しないから一緒にいられない」という考えを改めるべきです。

それを「お互いの価値観や性格を尊重し、受け入れる方法を見つける」に転嫁できれば、お互いの人生が垣間見れるかもしれません。

◎長期間の付き合いの結果

長い交際期間の結末として、彼氏が結婚を考慮してくれないで、別れる決断をした女性もいます。

付き合いが長かった分、情があったり思い出が多すぎたり、彼がいない寂しさはなかなか小さくならないかもしれません。

復縁できるか否かは、彼がふたりの将来をしっかり意識してくれるかどうかにかかってきます。

 

■復縁までの期間

◎平均的にどれくらいが多い?

復縁が成功しやすいと考えられているのは、別れから1ヶ月以上5か月以内だそうです。

実際に復縁に成功した人が多いのが、この期間です。

別れた直後の、解放感でいっぱいの男性にアピールしてもなかなか心に響きませんが、1ヶ月経つ頃には寂しかったり人恋しかったりするもの。

そこへ元カノから連絡があれば、心が動く可能性もあるでしょう。

5ヶ月以上が経過すると失恋の痛みや寂しさが薄れやすいです。

新しい出会いに前向きになる男性もいます。

そんな時にアプローチしても「今さら…」と思うかもしれません。
◎破局の原因によって期間は変わる

復縁までの期間として平均的な数字はあるものの、破局の原因によって適切な時間は変化します。

好きな人ができて別れた場合、彼の中には相当な覚悟と想いがあったはずです。

新しい女性との関係を進めようとしている男性に連絡や復縁のアプローチをしても、迷惑でしかありません。

少なくとも1ヶ月以上は冷却期間を置きましょう。

さらに、SNSや周りの友達から彼の情報を集めて、適切なアプローチ期を見極める必要があります。

 

◎他の人との交際後も復縁は可能?

彼が別の彼女とのお付き合いをスタートして、3ヶ月から半年の間は難しそうです。

でも、ドキドキが落ち着いて関係に慣れる頃、彼が相手に不満を持つ可能性が出てきます。

さらに、元カノであるあなたと今カノを比べることもあるでしょう。

そんな時期を狙って連絡すれば、友達として相談されたりまた会えて、距離を縮められる可能性があります。

うまくいったら、彼の心が戻ってくることもありえます。

ところで、男の方が元カノのことを忘れにくいことは確かです。

フラれた子のことは、だんだんと美化してしまうようです。

フッた子のことは、どんどん気持ち悪くなってしまう。

元カレにフラれた場合は復縁迫るとますます嫌われるから危険かもしれません。

そのため、新しい彼を探す方が断然いい!という意見もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です