婚約解消と慰謝料請求?子ども発覚後に婚約破棄できる

将来結婚しようと思っている相手と婚約をしても、同棲して過ごすうちに相手の嫌なところが見えてきて、結婚を取り消したいなどと思うようなケースもあるようです。

実際に結婚をしていたら、自分の意志だけではなく相手の合意などが無いと離婚できない事を知っている人も多いかと思いますが、もしも婚約の段階で別れたいと思った場合、自由に婚約を破棄することが出来るのでしょうか。

婚約とは何なのか、婚約解消について解説していきたいと思います。

 

■婚約とは?

婚約とは、将来に法律上正式な結婚をしようという男女間の約束のことです。

男女が将来夫婦になろうと約束すると、婚約成立となります。

婚約は、単なる口約束で契約書にしなかった場合や、同棲や結納、挙式などを行っていなかった場合でも成立します。

しかし、そのような場合ですと、婚約が本当に成立したかどうかを争われると、誠心誠意の約束があったという証明が難しくなってしまいます。

なお、婚約との違いで“内縁”というものがあります。

内縁は、事実上は夫婦、でも、婚姻届を提出していない男女関係です。

そのため、婚約とは意味が違います。

 

■婚約解消

理由なくても、一方的に婚約を破棄することは原則自由です。

この点が婚約と結婚の大きな違いとなっています。

婚約後に相手方の好ましくない情報を発見したなどの理由で婚約を解消できます。

ビックリするかもしれませんが、婚姻はあくまで純粋に自由意思に基づくものです。

そのため、婚約が一度成立したとしても必ずしも婚姻しなければいけないという強制力はないです。

 

■慰謝料請求はできる?

婚約を破棄された側が婚約破棄の責任を追及することも、原則としてできません。

しかし、破棄を申し出た側に落ち度がある場合には、破棄された側は損害賠償を請求できる場合があります。

この場合、婚約を信じたことによって被った損害や精神的損害について、婚約破棄した側は損害賠償を支払わなければなりません。

子供が出来たらもう婚約破棄は許せないけど、ケースによります。

責任を持って育てる事を優先するべきかもしれませんが、当事者間の問題なのは確かです。

ちなみに、子供がいることを隠して婚約し、挙式の前日に打ち明けたクズ男がいたのを思い出しました。

当然ながら挙式も流れたようですが…。

また、彼氏が、稼いでるくせに「金が無い金が無い」って言ってたのは、

実は別れた妻と子供がいて、養育費を払ってたから…

という話も聞いたことがあります。

子供の存在を隠していただなんてひどいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です