エアコンのカビ対策と除去方法

エアコン内部のカビは、知らないうちに大量発生しやすいです。

特に多く発生するのは、5~7月の蒸し暑くジメジメした時期です。

そう思うとエアコンのフル稼働を余儀なくされる真夏を目前に気が気ではない。

「おそうじ本舗」などのエアコンクリーニングをプロに依頼するならば効果が高いです。

しかし、時間もお金も使うので、自分でどうにかして対処したい人も多いでしょう。

そこで、自宅で簡単にエアコンのカビ取りするコツや注意点、カビが発生しやすい箇所などについて解説します。

 

■発生する原因と場所

まずはなぜ、毎年5月~7月頃に、エアコンのカビが発生しやすいのだろうか。

家の中でカビが大量に発生する条件は、『酸素とエサ(栄養)がある』、『湿度60%以上』、『気温20~30℃』の3つです。

エアコンは、部屋の空気を循環し続けている構造です。

部屋中のホコリやキッチンからの油を含んだ水蒸気が、フィルター内部にたくさん入り込みます。

また、蒸し暑い時期にエアコンを使うと、内部には結露水が多く発生し湿度が高い状態になります。

夏は気温が高いですから、3つの条件が揃い、カビが大量繫殖しやすい状態です。

どうやら、エアコン稼働前の初夏あたりから増殖するらしい。

夏は頻繁に掃除しなければカビ発生や細菌類の繁殖を遮断できないようです。

カビ根絶しないでエアコンを使い続ければ、カビ胞子を吸い続けることになります。

 

■除去法と注意点

一般家庭で簡単にカビを除去する方法や注意点がきになります。

まず吹き出し口のカビを、ウェットシートやキッチンペーパーを巻きつけた割り箸などで拭き取ってください。

また、フィルターの内側にカビが発生すると目詰まりしてしまうため、フォルダーは外して外側から掃除機をかけましょう。

月に1度は浴室で柔らかいブラシを使って水洗いし、日陰干しするとよいです。

吹き出し口もフィルターも薄めた中性洗剤を使用するとより効果的ですが、その場合は仕上げに水拭きをしましょう。

内部は分解する必要があるため、素人が処理するのは難しいです。

急に電源が入ると非常に危険なので、必ずコンセントを抜くかブレーカーを落として作業しましょう。

高所の作業は転ぶと危ないので、一人では行わないよう注意してください」(尾崎さん)

エアコンは高所に取り付けられている場合が多いため、安全に行いましょう。

エアコン本体も、内部にカビが発生すると空気が正常に流れなくなり性能が低下します。

また、吹き出し口から撒き散らされるカビを吸い続けると、アレルギーや肺炎などの健康被害が生じる可能性があるようです。

日本の気候ではカビの発生を防ぐことは不可能です。

カビを気にしすぎるのもよくないだろうが、放置しすぎるのは体だけでなくエアコン本体にも悪いです。

自分で処理するなら、今すぐ吹き出し口とフィルターの掃除に取り組みましょう。

夏場は2週間に1回の掃除を習慣化するとカビ予防に効果です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です