グルテンフリーのメリット!小麦粉抜くと体質改善と若返り効果

「グルテンフリー」や「グルテンフリーダイエット」という言葉を最近では耳にするようになりました。

現在の食生活から変えるのは難しいと思われている方も多いと思います。

今回は日常の食生活に、どのように「グルテンフリー」を取り入れているかについて解説します。
20代でヒザが痛くなり病院に行ったら血管年齢が50代だと言われた人がいます。

食事療法を取り入れて医者の指示通りにして食事内容を思いっきり変えて経過報告をしたら、原因はグルテンだった。

これは腸内細菌の問題らしいので平気な人もいるけど、食べすぎはやっぱり良くないようです。

小麦粉のような白い粉の常習性は半端なくやばいかもしれません。

朝食はいつもパン食だった人がどのようにグルテンフリーを実践したのでしょうか?
まず、グルテンフリー食生活を試してみたいと思った理由やきっかけがあると思います。

健康的な食生活に変えたい、体質改善、美容健康やダイエット成功したいなど、理由はそれぞれお持ちだと思います。

小麦粉の食生活をやめれば、健康になれるかもしれません。

アレルギーでなければ、糖尿病とか病気にならない程度に、適度にバランス良くが、結局ベストだと思います。

そんなことは分かっているとしても、パンやパスタ、ラーメンが大好きな人にとっては食べないなんて想像できないかもしれません。

その気持ちは良くわかります。なぜなら、私自身、パンもパスタもスイーツも大好きで、毎日のように食べていた一人だったからです。とくにパンは大好きでしたので、パンを食べない人生を自分が送るとは、予想もしていなかったのです。

朝食にパンを食べないだんて耐え難い方でもでも、小麦粉抜きの食事づくりは、思っているほど大変ではありませんでした。

最近ではスーパやネットでもグルテンフリー食品を簡単に購入できるようになってきました。

でもまだ高価で売られていて、商品数もあまり多くはありません。

そこで、食卓を和風ベースのおかずにするだけでも、かなりグルテンフリーのメニューに置き換わります。

いつも朝はパンやシリアルで手軽にすませていた人は、朝から和食の準備をするのは大変に感じると思います。

しかし、最初の「14日間」だけ、お試し期間としてグルテンフリーを実践してみてほしいです。

ご飯と味噌汁、漬物、納豆というシンプルなメニューにして、焼き魚や目玉焼きなどのたんぱく源を加えるのをおススメします。。

また、食生活を実践するのは「グルテン(麦類)をやめる!」と大きな決断をするのではなく、1食1食、グルテンを食べなくてすむメニューを考えていくようにすることです。

やはり一番手軽に始めやすいのは、日本の伝統食である「和食中心」のメニューになると思います。

実際にグルテンフリーの効果を実感するには、中途半端でなく、徹底して臨んでみることをおすすめします。

グルテンフリーの効果を実感するためには、14日間続けた後に、小麦食品を一口食べてみるのが、わかりやすい方法です。

体や心が軽やかになっていたのに、たった一口、小麦食を食べただけで、疲労感、下痢、頭痛などの症状がおこりやすいです。

これを実感すると、グルテンフリー食を続けるメリットを認識できるでしょう。

グルテンを抜くだけで、身も心も清らかな状態になるのを実感できます。

世間には、さまざまな食事法があります。

ただし、あなたがグルテンフリーを実感して愛好家になったからと言って、他人に押し付けるのは控えましょう。

グルテンフリーをしらない友人とご飯食べに行ったときに、

相手が食べてるものが悪いようなオーラを出してしまうと、その相手の気分を害するかもしれません。

食事は楽しくするものだというのが大前提です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です