梅雨と夏のダニ対策!布団に潜むから赤ちゃん守る方法

ジメジメした梅雨の時期は、カビや食中毒の他に『ダニ』が大量に繁殖しやすい時期です。

ダニが増える条件は「高温多湿」、つまり、気温25℃~30℃と湿度60%~80%です。

家の中のソファには1,500匹、じゅうたんに2,500匹、布団には1平方メートルあたり15万匹以上のダニがうようよ生息しているようです。

ダニが繁殖しやすいこの条件は、1年の中でも6月~8月に大量に発生します。

そして、梅雨に卵を出産後に、秋には数百倍に成長しているようで怖すぎます。

使っているベビーベッドのダニ対策、大丈夫ですか!?

 

■布団干してもダニ退治は無理

ダニを死滅するためには、具体的な条件と対策はどうすればよいでしょうか。

ダニを退治するには50度の温度を20分以上を保つことがポイントになります。

ダニ対策のために快晴の日に布団を干す人も多いですけど、あまり意味がないです。

真夏日に天日干しするという対策を実践しているから大丈夫!というのは間違っています。

布団の表面は50度になっていても、ダニは布団の内側や裏側に潜んでしまうからです。

掃除機で吸引しようとしても生きているダニは繊維にしがみつくので吸い取るのは難しいそうです。

またダニに紫外線を照射してもほとんど効果はありません。

洗濯機で洗っても、ダニは生き残っているとは驚きます。

 

■快適な湿度を保てばダニ退治

ダニ退治は難しいとしても、どうすればいいのでしょうか。

まずダニは湿度が55%以下になると生存できません。

大切な赤ちゃんをダニから守るには、湿度を55%くらいに保つことが大切です。

つまり、湿気が強い季節に寝具を乾燥させることが重要です。

そんなときには、ベッドや敷布団の下に『ダニ除け対策のマット』を敷くだけで、ダニが住みにくい寝具環境になりやすいです。

吸湿・放湿が快適だと感じるなら湿度55%に保てる他に、ダニの忌避率は70%以上となります。

除湿効果や防ダニ効果は素晴らしいです。

汗やアンモニア、ノネナール(加齢臭)の消臭効果もあります。

調湿マットを上手に使ったり、さまざまな方法で湿度を管理して、皮膚炎や気管支炎、ハウスダストなどのアレルギー疾患などの原因となるダニの発生をしっかり抑えましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です