卵肌のスキンケア方法!角質除去のたまご肌の早道

ごわついた肌が悩みの人が、つるんとしたたまご肌になるには何をすれば良いでしょうか?

肌を触るとごわごわしている方は、お肌のターンオーバーが乱れている可能性があります。

そもそも肌のターンオーバーとは、約28日間の中で新しい細胞ができると古い細胞が肌の表面まで持ち上げられ、垢となって剥がれ落ちます。

このターンオーバーが正常に行われている肌は、みずみずしくキメの細かい状態であることが多いです。

ところがメイク汚れや古い角質が積み重なっていたり、ストレスや寝不足などで不規則な生活が原因でターンオーバーが乱れてしまい、肌荒れになるかもしれません。

 

■簡単スキンケア方法

つるつるたまご肌に近づく簡単なスキンケア方法を解説します。

まずはメイク汚れや古い角質を除去するステップから始めましょう。

お肌がごわつく原因を取り除くのが大切です。

クレンジングは、オイルクレンジングのような洗浄力が強すぎるものではなくて、穏やかな洗浄力のミルククレンジングを使いましょう。

ミルククレンジングで落とすコツを考えるならば、蒸しタオルやスチーマーを活用してメイク汚れを浮かせるのがポイントです。

メイクをしていない場合は、精製水で濡らしたコットンに乳液をつけて顔全体を優しく拭うと古い角質が柔らかくなるでしょう。

そして、週に1〜2回ほど拭き取りタイプのピーリングをしていきます。

古い角質が蓄積されると、肌のごわつく他に全体的にくすみと顔色が悪くなりやすいです。

毎日ピーリングすると肌荒れの原因になりやすく肌に負担を与えるので気をつけてください。

コットンにたっぷり含ませて拭き取るピーリングを週に1〜2回ほど行いましょう。

化粧水をつける前に、ブースターを使って肌全体を柔軟にしておくと、自然に化粧水などの浸透力がアップします。

プルプルしたもちもち肌に近づくことができます。

ごわついた肌には油分がたっぷり入ったオイルやクリームで保湿をするよりも、化粧水や美容液などの水分を重視したスキンケアがおすすめです。

また、お風呂で入浴しながらフェイスマスクをすると蒸気によってつるつる肌になりやすいです。

このようなスペシャルケアをやらないのはもったいないです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です