職務質問で違法扱いになるダメな所持品を解説

職務質問は未然に犯罪を防ぐのが目的です。

職質を受けるのは、仕方がないとは思いますが納得しにくい問題がいくつかあります。

どうしても所持しなくてはならない場合、しっかりした理由を即答できるように準備しておくべきです。

刃物を携帯する際に理由が無ければダメです。

マルチツールのナイフは刃渡り4.2cmでも注意が必要です。

軽犯罪法で刃渡り6cm未満でも違法の対象になります。

包丁は購入して家に持ち帰る状態なら大丈夫です。

また、職人が包丁を自宅で研ぐために持ち帰るのも問題ありません。

護身用としての所持は明らかにアウトです。

カッターナイフもナイフや包丁と同様、刃渡りが6cmを超えるので危険物扱いになります。

所持に正当な理由があれば、職務質問では問題ないでしょう。

 

■ライト等の携帯も職質対象?

職務質問でのLEDライトや懐中電灯も注意してください。

正当な理由がない限り、職務質問されているときにライト用品を携帯するのは警察官の判断で警察署に連行されてしまう可能性があります。

住居侵入や武器にもなるので危険物扱いになるのです。

工具箱は、大工などの仕事として使う理由で所持するなら特に問題ありません。

しかし、住居侵入や危険物として利用価値があるので、理由もなく持ち歩くとのは違法になります。

また、プラスドライバーと違ってマイナスドライバーは、ピッキングツールとしても活用できるため所持して街中を歩きまるのはダメです。

釘抜きは武器や住居侵入に使えるため、バール同様に窃盗団必須アイテムとなります。

職務質問では防犯スプレーも注意が必要です。

護身グッズ全般にいえることですが、携帯は軽犯罪法に抵触します。

そもそも護身グッズは日常的に持ち歩くための物のはずです。

これでは何の為の「護身用グッズ」なのだか理解できません。

震災あってからライトと笛を常備している人が多いのを許してもよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です