直営店とFC店の違いとメリットデメリット

フランチャイズは、今となって世間でよく知られるようになりました。

フランチャイズといえば、コンビニエンスストアやファストフードなどを連想すると思います。

実は、日本での最初のフランチャイズチェーンは1963年に設立されたダスキンであることが有名です。

現在のフランチャイズチェーンとなると、小売業、外食業及びサービス業といった様々な業種まで展開されています。

フランチャイズチェーン全体の売上高は、約20兆円以上も拡大している巨大市場となっています。

 

■フランチャイズの定義

フランチャイズってそもそも何でしょうか?

様々ですが、一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会の定義をご紹介します。

フランチャイズとは、フランチャイザーと呼ばれる事業者が他のフランチャイジーとの間に契約を結ぶのが前提です。

自己の商標、サービスマーク、トレードネームとなる標識、経営ノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与えます。

その一方で、フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払います。

事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導および援助のもとに事業を行う両者の継続的関係をいいます。

本部企業には、低コストで安定した事業を展開できるメリットがあります。

加盟店側には、本部企業のネームバリュー・イメージを利用することができます。

つまり、事業経験がない場合少ない場合でも、比較的容易に新規事業を開始できるというメリットがあります。

これに対し、直営店のように、一つの本部企業が、店舗を作って従業員を雇用して営業するものを直営店(レギュラーチェーン)といいます。

多くのチェーンでは、直営店とフランチャイズチェーン(FC店)の両方が展開されています。

消費者の見地からすると、チェーン展開されている店舗が直営店とFC店の区別ができないようになっています。

 

■直営店とFC店の違い

アルバイトを含めた従業員から見て直営店とFC店との間で、何かしらの違いはあるでしょうか?

最大の違いは、やはり雇用主の違いになります。

従業員の雇用契約の主体は、直営店では、本部企業になるのに対し、FC店では、加盟店になります。

そのため、雇用条件は、直営店と加盟店とで同じではありません。

職場環境としては、直営店は、店長も本部企業の従業員です。

店舗の売上が店長の評価に直結して店長の出世に関係しているので、FC店より社内業務の規則に厳しいです。

また、店長が短期間で交代することも多いようです。

これに対してFC店は、本部企業との間の契約になります。

同一イメージの元に事業を展開しているものの、職場の雰囲気はひとえに加盟店オーナーの人柄等に大きく左右されることになりそうです。

TSUTAYAはほぼFC展開しています。

したがって、値段設定が同じ地域でもバラバラです。

のれんコーナーもない店も多いです。

今ごろの若い世代はネット配信なのに、のれんなしで経営を維持できるのが不思議です。

かなり有名なアパレルブランドでFCができたとき、友人は直営店にいたのそうで、違いが一目瞭然だっとと言っていました。

直営店はデザイナーの今季ものがキレイに並び、FCは数年前の在庫を平気で店頭に出してあったそうです。

FCでは今季のイメージとはかけ離れたことがしてあったとは驚きます。

また、とにかくカッコよくはなくて、スタイリングも不思議だったそうです。

今となっては、コンビニ、レンタルビデオ、ラーメン屋、居酒屋など様々な業種でFC店を見ることがあります。

店舗の営業時間や品揃えで判断できるところもあります。

直営の方が色々厳しいはずなのに、バイトテロというのは直営でもFCでも発生しているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です