職務質問の裏ネタ!職質の対象者と免れる方法

職務質問はどのように行われているのでしょうか。

また、しつこい職務質問を回避する方法はあるのでしょうか。

 

■職務質問されやすい対象者

職務質問するときは相手が挙動が不審な人を対象にします。

基本的に、警察官と目が合ったときに視線逸らす人、服装などの容姿や目の動作で識別するそうです。

よく言われるミュージシャンのようなバンドマンは特に職質対象になりやすいです。

バンド風な人って明らかに差別されているんじゃないかな?と思ったことがあります。

バンドマン風の男を威圧的に職質したら、署長の息子だった…とかあるなら笑えます。
長髪や金髪で頬が痩せこけていると、どうしても薬物乱用していると思われやすいです。

ミュージシャンは薬物所持が疑われやすいみたいです。

クルマの場合も、高級車ですけど車内が汚い車両も対象になりやすいです。

覚せい剤などで精神が錯乱していたり心が乱れている疑いがあります。

または窃盗車という疑惑が考えられます。

自分の自動車でないと愛着が薄くて汚しても気にならない人も多いです。

盗んだ車なので整備に出せないという理由も考えられます。

職務質問のテクニックも気になります。

職務質問とは、質問をしていくことで相手の不審点を探って行く作業です。

答えが曖昧だったり方向が違ったりすると、住居侵入など疑いが濃厚になりやすいです。

毎度思うけど職質されても普通に接すればすぐ終わる気がします。

ときどき新人の練習台にされてる気もします。

 

■職務質問を回避する方法

カバンやクルマのトランクを見せるように促すのです。

裁判例の範囲内で、バッグなどの持ち物を無理やり開けるような強制力はありません。

それでは、職務質問を上手に回避する方法はあるのでしょうか?

職務質問は現場の警察官に委ねられています。

目を逸らしたりしないで普通にしている方がよいです。

逆に、あまりに協力的だったり低姿勢でも疑われます。

基本的に警官が低姿勢に頼んでくれば、誰でも協力したくなるでしょう。

しかし、横柄な警察官が上から目線で疑ってかかるから不愉快になるし協力したく無くなります。

自分は偉いと勘違いしてる警察官はかなりいます。

例えば、職務質問を受けた友人によると、先に警官である身分証明証の警察手帳の提示を求めたそうです。

そのとき、そういう決まりは無いけど…と呟いたそうです。

公務中の携行義務と、提示要求を拒んでいけないのを説教したら、職務質問しないで消えてしまったそうです。

これって職務怠慢になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です