車体ナンバー隠しても駐車禁止の取り締まり回避できない理由

駐車禁止の取り締まりで車両ナンバーが隠れていると、一般的に駐車監視員は入力端末に入力ができないです。

しかし、ナンバーを隠しても駐車禁止からは逃れられられません。

駐車監視員が警察に連絡して実際に取締りが行われます。

また、外交官ナンバーも駐車禁止の取り締まり対象だそうです。

 

■駐車禁止の取締り拒否?

警察大学校の研修資料は、警視庁及び各都道府県警察の交通取締課職員や、駐車監視員の指導者教育に用いられるもの。

駐車監視員制度に詳しい事情通に資料を読み解いてもらいました。

資料には「二輪車における処理と問題について教えて下さい」という内容があります。

ナンバープレート外しには、『車体番号隠し』も組み合わせて行われる場合が多いです。

ナンバープレートが外される、またはカバーで見えない状態にされている場合、監視員は車体番号で確認をすることができます。

家の近所の警察署員は「これから駐車違反取締を行います」とアナウンスします。

すると、暴力団関係の車両が移動してから、一般車両だけを取り締まっています。

黒塗りVIPセダンを見て見ぬふりしてるのは事実です。

ヤクザや政財界の大物など取り締まると後々厄介なことになりそうなのは基本スルーします。

何も知らない民間委託の監視員はせっせと切符を貼っていきます。

当たり障りのない実情よりも、警察署の闇を暴露してほしいです。

確実に相手見て取り締まっています。

止まってるルートわざと外して取り締まっています。

警察署の方針なのか歩道のバイクを完全無視の地域と徹底取り締まりの地域があるようです。

面倒なのは素通りしているのが実情です。

 

■ナンバー隠しの駐車禁止に標章

ナンバープレートが隠れていても、実際に駐車禁止の取り締まりは実施されます。

原付きがナンバーを隠して駐車禁止エリアに違法駐車している場合でも、車体番号があれば十分取り締まり対象です。

実際に、車体ナンバーを故意に隠している原付きが発見されていた現場では、駐車標章がハンドルグリップに巻き付けられて固定されていました。

また、車体番号を改ざんすると、道路運送車両法違反として法律違反の処罰対象となります。

原付バイクに乗る人にとっては、駐輪場が少な過ぎるのでもっとバイクも駐輪できる駐輪場を作ってほしいと考えるようです。

バイクの駐輪場が絶対数不足しているのに取り締まりだけが強化されています。

もう少し現実を把握してから駐禁を取り締まって欲しいです。

駐車禁止とナンバーといえば、青ナンバーとして有名な外交官特権により外交官ナンバーは取り締まられないとよくいわれます。

しかし、それは全く違っていて都市伝説です。

外交官の自動車であっても駐車違反していれば、駐車標章が猛烈に貼られます。

「外交特権を有する者に対する交通反則通告制度の適用」という通達もあります。

しかし、実際は標章などが貼られても反則金を踏み倒すケースもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です