遠近両用コンタクトレンズのメリット、老眼鏡との違い

遠近両用コンタクトレンズを使うと、近距離と遠距離の両方を見えやすくなる機能が素晴らしいです。

しかし、利便性が高いはずなのですが、遠近両用コンタクトレンズについてそれほど関心が高くないそうです。

そこで、遠近両用コンタクトレンズを使うのに向いている人や老眼鏡との違いや注意点などを解説します。

 

■老眼鏡との違いは何?

まず、遠近両用コンタクトは、どんな人に向いているのか気になります。

近くが見づらくなって不便な生活を送っている、いわゆる近視の方は矯正が必要です。

そのほかに、裁縫や読書、ゴルフなど楽しいライフスタイルをおくってきたのに、視力を理由にあきらめてしまった方にも適しております。

また、老眼鏡をかけると表情や印象が変わるなどの理由でコンタクトレンズを利用したい方にもオススメです。

近くのものが見えづらくなってきた人は、老眼鏡を利用するのが一般的でした。

ところで、老眼鏡と遠近両用コンタクトを比べてみて、見え方に違いはあるのでしょうか?

老眼鏡は、近く用に度数を合わせるので、近くのピントは合いやすいかもしれません。

しかし、遠方を見る時はメガネを外す必要があること、メガネをかける煩わしさなどがデメリットになるでしょう。

遠近両用コンタクトを使用する利点は、メガネをかけなくても遠くも近くも見えることです。

しかし、その使用感は、視力の程度によって商品との最適性や個人差があるのは否めないです。

また、スポーツするなら、メガネですと激しい運動ですと外れたりガタガタ動いて煩わしいです。

その点、コンタクトならば遠くも近くも見える上に動いても眼鏡の様にずれないし、サングラスをかけられるなどメリットが高いです。

個人的にメガネかけるのが嫌いな方、メガネかけると老け顔になりやすい人は、遠近両用コンタクトレンズの評判が良いです。

 

■最適なコンタクトレズを選んで!

遠近両用コンタクトレンズを使うと、老眼が進行するという噂は本当でしょうか?

結論から申し上げると、老眼が進むことはありません。

ただし遠近両用コンタクトレンズに限らず、個人に最適ではない度数の商品を使うと、眼精疲労がたまりやすくて目の疲れに加えて身体の不調が起りやすいです。

しっかりした検査を受けて、自分に合ったコンタクトレンズを処方してもらうのが重要です。

自分が老眼になったときにはもっと機能や品質が上がっているのを期待しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です