飲酒後に酒気帯びから抜け出せるドリンク

飲酒運転は厳重注意ですし法律違反です。

身体からアルコールが抜けて運転できるくらいの時間の目安を知っておきたいところです。

コンビニなどで入手できるドリンク類を飲み比べて検証してみました。ドリンク・クスリ・サプリメントを使って、酒気帯び状態から最も早く抜け出せるのはどれでしょうか?

 

■酒気帯びから抜け出せるドリンク

飲酒運転に対する罰則は、呼気から0.15㎎/l以上のアルコールが検出されると、道路交通法では酒気帯び運転違反13点、0.25㎎/l以上だと25点の違反点数が付加されます。

前歴無しでも15点以上で免許取消しなので、酒気帯び運転の処分は非常に重いことになります。

このため、酒気帯びから抜け出す自分のアルコール分解力を認識しておくほうがよいかもしれません。

そこで、コンビニや薬局で購入できる様々なアルコール分解ドリンクの効果をテストしてみました。

酒気帯び状態から最も抜け出せる可能性が高いドリンクを選別してみました。

ハウス食品の「ウコンの力 レバープラス」は「ウコンの力」に、肝臓エキス200mgとウコンエキス500mgをプラスしています。

さらに、この製品には40mgのウコン由来の「クルクミン」が配合され、肝臓を強化します。

上下を繰り返し、やや不安定ながらも2時間30分で分解完了しました。価格は100ml・350円です。

大鵬薬品の「チオビタドリンク」は、「タウリン1,000mg配合」で有名なドリンクです。

タウリンがアセトアルデヒド脱水素酵素を活性化するのですが、「チオビタドリンクゴールド」など無配合のものもあるので間違えないように気をつけてください。

いつも思うんだけど…飲んだら乗るなは先進国で日本だけです。

英国なんてシャンディーなら2杯ほどは問題無いことに驚きます。

そもそも教習所とかで見させられる映像の犯人は明らかに泥酔者です。

日本ではコップでビール2杯程度でも同様に厳罰になるのは面白いです。

酒飲んだ後は、寝ても起きててもウコン飲んでも、最低6時間はおとなしくしていないとダメです。

どのくらいのアルコールを飲んだかによって、分解される時間もかなり変わってくると思われます。

ひと昔前のように午前1時まで飲んで翌朝8時の出勤ならたとえアルコール検知されても無罪放免してもらえた時代が懐かしいです。

しかし、人によって違うから飲酒運転ではない!と警察に主張しても飲酒した根拠があるのだから逮捕されるのは当然です。

悪い事は言わないから、そんな小細工しないで代行を呼ぶか、タクシーで帰った方が後々後悔しないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です