美容健康に最適な良質オイルと食べる方法

良質なオイルは美容と健康に活用できるので取り入れるべきでしょう。

スーパーに行くと様々なオイルが販売されています。

そこで思うのが、

「どれほど食べたら良いのでしょうか?」

「オイルと食べると太る?」

「どんなオイルを選んで良いのでしょうか?」

など、何かしら疑問を抱いている人もいるようです。

そこで、美容の専門家が毎日の食生活に取り入れている良質オイルを紹介します。

 

■良質オイル3つ

【1】エクストラバージンオリーブオイル

エクストラバージンオリーブオイルはオリーブ由来のポリフェノールが豊富です。

抗酸化力が強いのが魅力です。

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は小腸で吸収されにくいので大腸なで到着しやすく、腸の動きを活発して蠕動運動を良くする働きがあります。

オリーブの美容成分が破壊されにくい、「コールドプレス」「無濾過」のオリーブオイルを選ぶようにしましょう。

また、産地でボトリングされた商品を選択するのもオススメします。

 

【2】ココナッツオイル

ココナッツオイルの主成分である中鎖脂肪酸がポイントです。

中鎖脂肪酸が肝臓で分解されてケトン体を生み出します。

このケトン体には、身体に内在している抗酸化酵素を活性化する働きがあります。

また、脳のエネルギー源にもなって記憶力などを活性化できるという評判もあります。

ココナッツオイルは腸での消化吸収に消化酵素を必要としないです。

素早く身体に吸収されて、エネルギーとして消費されやすいです。

つまり、ココナッツオイルを食べても脂肪蓄積されにくオイルという評価を気になります。

 

【3】亜麻仁油(フラックスシードオイル)

亜麻仁油には「オメガ3系脂肪酸」である「α-リノレン酸」を多く含んでいます。

体内で作ることができないため食べものから摂る必要があります。

血液サラサラにしたり強い血管の美容健康を促進したり、細胞膜を作る働きがあります。

身体の美容と健康を良くするために必要なオイルの一つです。

また、亜麻仁油には「リグナン」という、エストロゲンに似た働きをする成分が含まれています。

婦人病予防にも少なからず役立つと評判が高いです。

ただし、商品によっては、このリグナンを含有していない亜麻仁油が出回っているので、気をつけてください。

 

■良質オイルの食べ方

使用していた油と置き換え

良質なオイルであっても、他のあらゆる油と同じように1gあたり9kcalの熱量があります。

食事したものがエネルギーとして消費カロリーとなるか脂肪蓄積となるので、当然ですけど取り過ぎは厳禁です。

個人差がありますけど、1日大さじ3杯を目安にしています。

とくにココナッツオイルは、エネルギーとして消費されやすいため、すでに蓄積された脂肪燃焼を妨げる場合もあります。

良質オイルは、サプリメントとして摂らないで、今までのサラダオイルやドレッシングに置き換えるようにして、摂りすぎないように気を付けましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です