妊活が成功の秘訣!男性に排卵日を伝える方法

夫婦関係には様々な問題が生じるかもしれません。

その中でも子どもに関するお悩みは重大な問題です。

家族を形成するのを意識して夫婦生活するようになると、

アプリを活用して卵日を予測するようになる夫婦が増えています。

『排卵日を心配しないでスキンシップを増やす』

という方法を使用できたのならば良い方向性になりそうです。

しかし、長期間の交際と同棲生活を過ごして結婚したのですが、

新婚当初から何となく長年連れ添った夫婦のような雰囲気になってしまいました。

しかも夫は長時間の仕事から疲れて帰宅時間が遅いのが毎日です。

そのような生活の中では排卵日を通知するシステムを選ぶのが最適かもしれません。

ところが、妻の中には排卵日を夫に報告する事がとても苦痛という報告が多いです。

「排卵日とアピールされるとプレッシャーが重くのしかかる」という男性の意見も気になります。

どのタイミングで排卵日を報告するのが妥当なのか…

迷いが生じていました。

どんなタイミングに伝えれば緊張感にならないのか、

直球で夫に聞くこともできない妻がいます。

 

■排卵日のプレッシャー

生理になって、排卵日の日付が更新されると憂鬱になる女性もいます。

「排卵日の発言にプレッシャーだぁ」という男性の意見があるため、

妻は凄く重荷に感じて排卵日が伝えられない…。

排卵日になると夫の行動が気になって落ち着かない。

夫が寝る準備をしてくれないとイライラしてしまう…。

妻の女性だけが妊活で意識が集中して疲れがたまって孤独だそうです。

そして、布団に入る直前まで排卵日を黙っている事で夫にも負担がかかり
私もモヤモヤとしてしまい
排卵日が来ると夫婦の空気も悪くなってしまいました。

 

■排卵日の把握と妊活

直球はアレなので、「今週は、仲良し強化期間だよ」と伝えている夫婦がいます。

夫が「さり気なく伝えられるほうがプレッシャーになる」と発言するので、ハッキリ伝えている妻がいます。

吹っ切れた夫婦同士は直球勝負!

不妊治療で人工授精や体外授精へとステップアップすればいいだけです。

日時をドンピシャで指定されると緊張感が増強するのを考えると、

タイミングを考慮するだけなんて取るに足らないようになったそうです。

人によってはイヤと思う方もいらっしゃると思いますが、

夫にとっては排卵日を事前に知る方が良いようです。

妻側とっては夫が排卵日を把握してくれると孤独感が消えて、夫婦で一緒に妊活を行っている実感になったそうです。

妊活=女性だけがするというのは時代遅れです。

些細な事も夫婦で一緒にすれば、より明るく取り組めるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です