足つる原因と予防・改善方法

どなたでも何度かは足をつる経験したことがあるでしょう。

同じ場所を何回もつるようになると厄介です。

同じ所を何度もつると筋肉の痛みが消えなくて大変です。

そこで、足がつる原因と対策を解説します。

 

■足がつる原因

足のふくらはぎがつって激痛の原因には何個か考えられます。

筋肉の疲労、ビタミンミネラルの不足、血行不順など様々な理由があります。

そこで、として以下3つをご紹介します。

【1】筋肉疲労

運動をすると筋肉の疲労で足がつります。運動前後にストレッチをして筋肉の収縮を行ってからスポーツを始めましょう。

加齢により筋肉量が減ってしまったならば、足が頻繁につりやすいです。

筋肉の伸び縮みがうまくできていなかったり、腰痛が原因で引き起こしてしまうことも考えられます。

改善されないようなら診察してもらうほうが良いでしょう。

 

【2】ミネラル・水分不足

真夏のスポーツで大量に発汗したり、脱水症状などでミネラルのバランスが悪くなると足がつりやすくなります。

体内のカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラルが不足するとバランスが乱れやすいです。

その結果、ミネラルが不足すると筋肉が緊張状態になので、痙攣(けいれん)が起きやすくなりやすいです。

加齢によってミネラルの吸収率が落ちるので、栄養バランスに乱れやすくなります。

 

【3】下半身の冷え

朝方によくつる人は、下半身の冷えによる貧血状態になります。

特に女性は毎月の生理で血液を失いやすく、血液不足で下半身が冷えていることが多いです。

また、運動不足や血流障害によって筋肉の低下によって下半身が冷えやすくなります。

この冷えがによって足がつることがあるので、血を作る栄養素補給を積極的に実践しましょう。

植物性プロテインのタンパク質、黒ごま、クルミなどの食品を積極的にとるのをおススメします。

 

■足がつった対処策

身体の力を抜いて、痛くない角度を探して痙攣がおさまるまでじっくりと落ち着いて待ちます。

足が動かせるようになったら、ストレッチや足首を回してほぐして痛みを取り除きます。

足のツボ押しやマッサージは足がつった部分を改善するために指圧して大丈夫な状態なら押してみましょう。

そして毎日の食生活の見直しも大切です。

ミネラルや水分不足になると足がつりやすくなります。

日頃から水分補給とミネラル補給を意識した生活を心がけ、カルシウムとマグネシウムを意識的に摂ることで栄養補給の吸収率を高めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です