月末の白バイご注意!交通違反の取り締る理由

交通機動隊の白バイ隊員は、警察の中で最も難関で難しい試験を通過しているプロ集団です。

基本的に白バイ隊員は自らの1台で行動して取締しています。

ただし、毎年3月と9月には新人の白バイ隊員がやって来ます。

その頃は2台1組の白バイを見かける機会が多くて、新人白バイ隊員を教育していると思われます。

たいだい半年間は先輩と新人が一緒に行動して、新人教育しています。

また、春の全国交通安全運動は昇進試験前の大事な点数稼ぎ期間だと聞いた事があります。

春とか夏の交通安全週間は、交通安全のためではなくて、自分達の検挙数を上げる為の催しだなんて…。

要するに罰金を稼いでこいと言われるらしいですね。

取り締まりにノルマってあっていいのかなぁ?

同じ場所で網張ってる白バイ隊員は検挙件数を獲得するため?

もっとやる事あるでしょう!といいたいです。

 

■交通違反件数のノルマ

白バイ隊員には取り締るための月間ノルマがあります。

目標件数の取締る交通違反のノルマは本当にあるのを知らないと大変です。

実は、新人の白バイ隊員になると100件前後という高い目標だそうです。

若い隊員になるほど高い目標設定されているのです。

ただし、新人は2台1組で連携して効率よく捕まえる方法を現場で教えてもらえるので、検挙件数は上がりやすいようです。

一方で、教育係のベテラン隊員はかなり大変です。

新人隊員を実地訓練している時間は教育係ですから自分の件数は上がらないです。

そのため、教育していないときの独りになった時に猛烈に頑張って違反キップをバンバンきる件数を上げています。

月末までに目標件数に達していない白バイ隊員さんは、原付バイクや軽自動車ばかり取り締まりやすいものを狙っています。

月末に必死になっている白バイ隊員には本当に気をつけましょう。

信号無視や一時停止違反などの交通違反を狙っていて、白バイ隊員が隠れているケースも多いです。

 

■月末に取り締まる理由

白バイ隊員は各自で取り締まりの穴場スポットを確保していて、別の隊員は利用できません。

ベテラン白バイ隊員であるほど良い穴場を持っているそうです。

ベテラン隊員が非番のときを狙って、中堅の隊員がこの時とばかりに拝借しているようです。

同じことを考えている隊員は必ずいて、同じ狩り場で鉢合わせすることも…。

気心知れた相手だと、お互い目標件数が足りないのも分かっているので、2台で話し合って交互に交通違反を取り締まったりします。

月末に取り締まる交通違反として多いのが、踏切や一時停止線などで停まらない一時停止無視です。

原付きバイクの2段階右折無視も狙われています。

でも白バイは絶対ノルマ制は認めないし、事故多発してるから取り締まってるとしか言わないです。

ところが、本当に事故多発地帯で取り締まってるのかと言えば全く関係ない直線道路で隠れているケースもあります。

もっと極論をいえば、違反金は道路整備するのに必要なお金です。

タバコと同様で違反が完全に無くなったら行政機関が資金難で困ります。

どんなにきれい事を並べようがこれが現実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です