便秘解消に最適!コーヒーの効果を引き出す正しい飲み方と注意点

■便秘がコーヒーに良い理由

・【コーヒーオリゴ糖】

コーヒー豆のカスから新たに発見されたオリゴ糖の一種がコーヒーオリゴ糖です。

オリゴ糖は腸内に存在する善玉菌の餌になります。

その結果、腸内の働きを活発化させて、便秘解消に効果を発揮して腸内環境を整えます。

また、コーヒーオリゴ糖は一般のお砂糖(白糖)と違って低カロリーとなってダイエットにも最適です。

・【カフェイン】

コーヒーに含まれるカフェインには胃腸を活発化する作用を期待できます。

このカフェインの働きによって胃腸に入った食べ物の消化のスピードが早くなります。

また、便秘解消できるほどの腸内を掃除することができます。

さらに朝からコーヒーを飲むと1日中の胃腸の働きが活性化します。

ただし、コーヒーを飲み過ぎると胃を荒らす可能性が高いです。

カフェインの覚醒作用は個人差があるにしても8時間ほど継続します。

睡眠の質を悪くしない寝る前には飲まないほうが良いです。

 

■コーヒーの正しい飲み方

・冷たい珈琲よりホットコーヒー

コーヒーを飲むときの温度に気をつけてください。

アイスコーヒーより温かいホットコーヒーを飲むと、大腸の便が柔らかくなりスムーズなお通じを期待できます。

また、体を温めると基礎代謝が良くなって腸も活発化します。

朝コーヒーをいただいてからトイレへ直行なので便秘解消にはよいでしょう。

インスタントで効果を実感しない方は、ドリップしたホットコーヒを試すと便秘解消される可能性高いと経験上感じました。

便秘解消の他にダイエットのためにもホットコーヒーをおススメします。

・砂糖は×⇒オリゴ糖◎

コーヒーオリゴ糖や、オリゴ糖を豊富に含むはちみつ等を甘味料として使用すると良いです。

オリゴ糖は善玉菌の餌となるのでタンニンによる腸内環境の乱れを防ぐことができます。

 

■注意点

【水分不足】

カフェインには高い利尿作用があるため、飲み過ぎには十分に注意してください。

体内全体の他に、便に含まれる水分も同時に失われてしまう事態に陥りやすいです。

腸内の蠕動運動を活性化する反面、水分不足によって便秘になる可能性があります。

コーヒーの飲み過ぎる程度はどれくらいでしょうか?

1日に多くても3杯ほどでやめておくほうが安全でしょう。

 

【クロロゲン酸の影響】

コーヒーに含まれているポリフェノールの種類の中のクロロゲン酸をご存知でしょうか?

このクロロゲン酸は胃腸の働きを抑える作用があります。

コーヒー1杯に含まれるクロロゲン酸の量はわずかです。

そのため、常識の範囲内の量であれば慢性便秘にあるような悪影響はありません。

しかし、クロロゲン酸を過剰摂取すると重度の便秘になる恐れがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です