コンビニ食で栄養補給して大丈夫!健康と美容に悪影響?

コンビニでバランスよく食べ物を買うとしたら、どんな点に気をつけたらいいですか?

まず知ってほしいのが、「主食+主菜+副菜」という構成です。

この組み合わせだと、栄養バランスが整えやすいです。

ざっくりとそれぞれの説明をすると、

主食=ごはん、パン、めんなど。

主菜=肉、魚、大豆加工品(豆腐、厚揚げ、納豆など)。

副菜=野菜やキノコ、海藻などが主のおかずです。

しかし、準備できない!朝は食欲がなくて食べられないしちょっとでも睡眠時間を確保したいという方が多いでしょう。

そんなときは、朝に優先するのは主食です。

ごはんやパンなど、脳のエネルギー源となる糖質を多く含むものを優先して食べましょう。

余裕があれば、

主菜(朝の場合、牛乳、ヨーグルト、チーズ、卵の主菜で大丈夫です。

副菜なら野菜やフルーツの2種を加えると良いです。

コンビニに売っているもので、具体例をあらわしてみますね。まずは朝ごはんからいきましょう!
一人暮らしの学生なら毎食500円前後なんて掛けられないと思います。

1日の総合で500円前後でしょう。それでも30日15000円も必要です。

こんな生活してたら食費がいくらかかるの?

ちゃんとスーパーへ行って、安全なものを買うべきです。

手間暇かけないと安全は得られません。

コンビニでヘルシーは、難しいと思います。

化学調味料や防腐剤など、添加物がものすごく多いのが気になります。

コンビニエンスストアの商品にはPH調整剤など体に良くない物が沢山入っています。

バランスより食品の添加物が心配です。

化学調味料、化学薬品まみれの食品ばかり食べてると栄養バランスとれても別の病気にかかってそれどころじゃなくなってしまいますね。

添加物を気にされる方がいますけど、長期的に見れば栄養バランスの方が健康にとって遥かにクリティカルです。

それと、最も健康に悪影響を与えうる添加物は、塩化ナトリウムです。

pH調整剤で病気になった人はいませんが、塩化ナトリウムによる死者は大勢います。

まずは、減塩からはじめるべきです。

どうしてもコンビニメニューで食事を済ませなければならない時以外、こんなもの食べたくないです。

料理が上手いわけでも何でもないけど、自分で作ったものが一番体に優しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です