朝の顔のむくみとる方法!小顔になるテクニック

朝起きて鏡を見たら、顔がパンパンにむくんでる! なんてこと、誰でも経験があると思います。

むくんでしまったものは仕方がありません。

慌ただしい朝、小顔マッサージをしている時間はないという日は、こんなことを試してみてはいかがでしょう。

朝の顔のむくみをとる方法を紹介します。

 

■朝の顔のむくみをとる簡単な方法

【1】耳回し&引っ張る

耳の周りには「耳下腺リンパ節」があります。

耳をゆっくり回すとリンパ節が刺激されるのでむくみがスッキリしやすいです。

また、耳にはツボがたくさんあるので、耳つぼマッサージは効き目があります。

耳を丁寧に引っ張ることで血行促進になりやすいです。

耳の根元が動くように、少し引っ張りながら回してみましょう。

両耳を一緒に90秒ほど実践すると、温度が上がってポカポカしてくる感覚になると思います。

 

【2】タッピング

肌の指圧療法として肌に押し込むようにスキンケアしている人も多いです。

ハンドプレスの悪くはないのですが、タッピングも効果があるのでおススメです。

フェイシャルエステでも行われるのですが、顔全体の血行が促進され、スキンケア成分も浸透します。

顔の中心から外へ向かって優しくリズミカルに実践しましょう。

コットンにスキンローションをしみこませてタッピングしてみてください。

肌質への浸透率が高まって保水力が良くなります。

 

【3】温冷タオル

スキンケアの最後にぜひおススメなのが「温冷タオル」。

タオルを2本用意し、レンジでチンしたタオルと氷水で冷やしたタオルを交互に肌のあてましょう。

温冷を交互にあてることで血液の流れがよくなります。

温めたタオルを顔全体にあてると、睡眠中の血行不順が改善して血行促進します。

その後に冷えたタオルによって血管が引き締まって収縮されます。

要するに、熱いシャワーを浴びた後、最後に冷水シャワーをサッと浴びるだけで、ポカポカが長持ちしやすいです。

その原理と同じなので、顔にもやってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です