芸能人のLINE流出は犯罪?プライバシー侵害?損害賠償請求?

川谷絵音が『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演して話題になりました。

予想通りなのですが、多くの視聴者は川谷に対して辛辣な意見が多かったようです。

メインコメンテーターの松本人志やヒロミや東野幸治らとトークを繰り広げました。

ベッキーと川谷によって、LINEの投稿内容をマスコミに流した結果、スキャンダル流出の騒動になりました。

他には芸能人同士の不倫のやり取りなど、たびたびLINEの内容が流出し、週刊誌などに掲載される事案が発生しています。

そもそもLINEの投稿はとてもプライベートなやりとりですから、世間一般の不特定多数に暴露して許されるわけではありません。

LINEの内容を勝手に出版社にリークした行動は、罪になるのではないでしょうか?
基本的に犯罪にはならないと思われますが、不法アクセス禁止法違反に該当する場合はあります。

LINEをスクリーンショット、ログ取得してダウンロードなどして個人情報を無断で取得した人、

取得した情報を不特定多数に公表した出版社は、不法行為に基づく損害賠償請求を受ける可能性があります。

当然ながらLINEの内容はプライバシーで保護されなければなりません。

入手手段はともかく、この内容を不特定多数の目に触れるようなメディアに掲載することは、プライバシー侵害による不法行為になります。

通常ではLINE流出とかありえないです。

あの件でベッキーより、LINEの流出経緯や芸能記者のモラルの軽薄さにびっくりしました。

そのことに何も疑問も持たないで、ベッキーと川谷にあれこれ意見する連中には、彼らの不倫を非難する権利はないと思います。

ところが、基本的にこれらの行為は不法行為に該当するとしても犯罪行為とはいえません。

しかし、LINEの内容を盗んだやり方として、スマートフォンに不正に侵入してログイン・パスワードを不正入手したことで、その内容を得たのであれば、不正アクセス禁止法違反と認定されてその罪を問われる可能性があります。

無難でどうでもいい内容しかLINEを使わないほうが安全でしょう。

芸能人はいい加減LINE使うのやめたらいいと思います。

芸能人などの有名人が不適切な会話をしている内容が公表された場合、イメージと裁判費用や事務所の都合によって提訴を避けることが多いようです。

一般人であるならば、クレジットカード情報や電話番号などのプライベートな内容は投稿しないほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です