週末時差ボケの予防と改善方法!週末の寝ダメ厳禁と睡眠方法

“週末時差ボケ”という症状をご存知でしょうか?

1週間分の疲れを週末の寝ダメで解消している人が多いようです。

しかし本当に解消できるのでしょうか?

休日に体のリズムを狂わせ、平日のパフォーマンスが発揮できないことを“週末時差ボケ”と言います。

休日の朝寝坊や寝ダメは、むしろ平日のパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性が高いです。

そこで、具体的な詳細や改善方法を認識している人は少ないので、睡眠改善の方法を解説します。

 

■週末時差ボケとは!

“時差ボケ”は海外に行ったときに悩みの種の一つです。

日本の昼夜に慣れている体のリズムと、訪問国との時差によって生活リズムに歪み生じる時に時差ボケが起こります。

実のところ、この時差ボケと似た症状が平日と休日にも発生することが多々あります。

休日前に夜ふかしをして、休みの日に起床する時間が大幅に遅れて昼過ぎという過ごし方にはご注意して下さい。

起床時間が平日とは大幅に遅れると、体内のリズムが後退した状態で平日がスタートします。

つまり、平日の初日から時差ボケのような状態を引き起こしてボーっとしてしますでしょう。

週末の朝寝坊や寝だめは、「ブルーマンデー」にハマってしまうかもしれません。

土日を朝寝坊して起きて月曜日の朝に家事や出勤や通学すると、体と脳が寝ぼけていて準備万端ではありません。

準備できていないにも関わらず活動しなくてはならないと多大な負担がのしかかります。

自律神経活動やホルモン分泌が乱れて、日中のパフォーマンスや集中力などに悪影響を及ぼします。

 

■平日と週末に起きる時間は変えない

本来は、毎日同じ時間に入眠して、同じ起床時間を維持して生活リズムを保つのが健康管理の一つです。

しかし、現代人はとても忙しいです。

また、時間に追われてストレス発散するのが難しいです。

そこで、平日の寝不足を解消しながら週末時差ボケを予防する方法を解説します。

第一に、休日には平日より1時間ほど早寝して、1時間ほど遅く起きてみてください。

就寝時間と起床時間を大幅に変えないで、睡眠時間を長くするのが大切です。

第二として、休日の13時〜15時までに30分程度の仮眠をとって睡眠不足を解消しましょう。

ただし、15時以降の仮眠は夜の睡眠の質が落ちるので注意しましょう。

また、イスに座り“横にならず”、“部屋を暗くせず”明るくして仮眠します。

本格的に寝てしまうと体温が下がり一方で、パフォーマンスの低下を引き起こす原因になるでしょう。

人間は昼行性の動物です。

昼間は活動するのが人間であって、夜間には休息するようにできているのです。

休日であっても、日中に眠りすぎて夜の睡眠の質を下げるないように気をつけてください。

起床時間を統一することは、体のリズムを整える第一歩です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です