女性とのデート代を全額支払う男性が必ずモテる時代が終焉?

女性と食事デートに出かけたとき、食事代の支払い負担をどうしようか迷った経験はありませんか。

「デート代の負担割合はどうするか」は、いつの時代でも大切なポイントになります。

金銭感覚やお金に対する価値観は人それぞれ違うので、この点が合わないと「あっ、この人とは一緒にやっていけなさそう。」という印象を持たれてしまいます。

もし、女性に嫌われるリスクを減少したいのであれば、「完全にご馳走する」「割り勘」どちらが良いでしょうか?

恋心を抱いている相手の女性に好印象を与えて、恋愛成就できる可能性が高い「お金のやり取り」を検証します。

 

■昭和と平成は違う

ケチな男性は女性に嫌われる傾向だと言われています。

男性がデート代を負担するほうが良い理由として大きな要因です。

男性がデート代を負担することによって、「男らしい」とか「紳士的」というポジティブな印象を女性に持ってもらえることもあるでしょう。

相手女性がどんな金銭感覚を持っていたとしても、男性が食事代を負担しておけば、少なくとも「この人、ケチね。」という理由で嫌われることはないでしょう。

ワリカンにしたり、女性に多少の食事代の負担を求めることになれば節約にはなりますが、「この人ケチね。」と思われて嫌われるリスクもあります。

ただし、この考え方はもはや時代遅れ!という認識が強まっています。

今時こんな考えする人がいるのに驚きます。

昭和のバブル経済に当てはまっていましたが、今となっては割り勘が当たり前になりつつあります。

デート代は男性が全て支払うのが男らしいというのは勘違いかもしれません。

おごられることを嫌がる女性が増えています。

特に仕事ができる女性ほどキャリア志向で成長意欲が高く男性に負けたくない意識を持っているかもしれません。

問答無用におごるのは男のエゴな時もあるので気を付けましょう。

一方で、お金になびく女性がいるのも否定はしません。

割り勘を好む女性が多いというよりも、「ワリカンは当たり前!」だと考えている女性もいます。

結婚相手としてもそういう男性の方が金銭感覚もしっかりしているということで信頼を勝ち得るかもしれせん。

奢られて当然だと認識している女性とお付き合いするのは避けるほうが安全でしょう。

「奢らないと付き合わない!」という女なんてやめた方がいいでしょう。

しっかりした女性なら「男が払うのが当たり前だ」なんて思ってないです。

とりあえず、男性が女性を誘ったならば、最初の食事代はおごるほうが賢明でしょう。

相手の女性の反応をチェックできます。

その後のお茶とか次回のご飯は割り勘にするのも悪くはないです。

その場でお金のやり取りするのもスマートではないという女性なら、交互に全額を支払うのもアリだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です