足つる原因!スグできる足のつり予防と改善方法対策

足がつって激痛に苦しんだ経験があったかもしれません。

睡眠中やヒールを履いたときに、なぜか足がピーンと痛くなったときには大変です。

急に激痛が走ると、どう体勢を変えたら痛みが和らぐのか分からず慌ててしまうかもしれません。

足がつるのが慢性化するとつらいですが、放置しておくと症状が悪化するかもしれません。

また、身体から何かしらの病気を発症するかもしれない兆しになるかもしれません。

そこで、足がつる原因、予防と対処策を解説します。

 

■足がつる原因

ヒールを履くと足がつるのは、筋肉の疲労が原因です。

体内のミネラルバランスが乱れる影響して、足の筋肉が疲労するのも要因に繋がらいます。

ヒールを履くときにふくらはぎ等の脚全体がつることがあります。

ふくらはぎの筋肉には、腓腹筋(ひふくきん)というものがあります。

筋肉は細い筋が何本も集まって束になって動いています。

筋繊維が束になると筋束になって、筋束が密集すると筋肉になります。

この筋繊維の一部がキュッと縮んでいる状態が「つる」という結果になります。

筋繊維の一部が縮んでしまう原因は、運動神経末端が正常に機能しなくなるからといわれています。

縮んでいない筋繊維と縮んでいる筋繊維にはズレが生じると、激痛に苦しむことになります。

 

■足がつる対処法

脚がつるときは、最初につった足を時間をかけて伸ばすのをオススメします。

カルシウムやナトリウムなどのミネラル不足によって足がつりやすいです。

眠っている時でも発汗するので、ミネラルがドンドン失われてしまいます。

炎天下や湿度が高いときはスポーツドリンクなどで補給するようにしましょう。

日常生活での食事でもビタミン・ミネラルを摂取するように心がけましょう。

脚がつる程度が頻繁に起きるのであれば注意することが必要です。

 

■足がつる予防方法

ヒール履くことで脚の疲れから脚がつることもあります。

脚の疲労を貯めないためにも寝る前に足裏マッサージやふくらはぎをストレッチするのをオススメします。

毎日、湯船に浸かって入浴していない人、シャワーだけで済ませている人もなりやすいそうです。

睡眠不足が疲れが貯まるので、十分に睡眠時間を確保しましょう。

ミネラルのバランスの崩れからつりやすくなることもあります。

ストレス過多や、加工食品を多く摂取していると、ミネラルは尿と一緒に排出されてしまいます。

これらはストレスが多かったり、加工食品を多くとっていたりすると、尿と一緒に捨てられてしまう栄養素でもあります。

カルシウムは骨にストックできますけど、マグネシウムは貯蔵することはできません。

そのため、こまめに摂取する必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です