朝食抜くと健康効果!空腹が長寿の秘訣を徹底解説

日々の暮らしに最も大切なのは「健康」です。

お金や美容や人間関係も重要ですけど、健康で楽しい生活に関心が高いと思います。

健康だからこそ、仕事もプライベートも充実するはずです。

ほとんどの人が、日々を健康に過ごしたいと思っているはずです。

 

■現代人は何かと不健康

現代はストレス社会で、暴飲暴食、運動不足などで不健康な生活パターンが多いでしょう。

働き盛りの30歳頃から健康診断で要注意の項目が増えやすくなって、身体不調に悩むかもしれません。

身体の不調を解消するために、“朝食を抜けば良い”という説が挙がっています。

病気や不健康の原因の大半は日々の食生活です。

現代人は明らかに食べ過ぎていて、これが最大の原因だそうです。

 

■現代人は食べ過ぎ

現代人は朝、昼、晩の三食の他に、ケーキやフライドポテトなどのおやつも充実しています。

学校帰りにマクドナルドや仕事帰りに居酒屋に通う人も多いです。

摂取カロリーがものすごい量になっていると思われます。

腹八分を実践していても、健康を意識するなら以前として食べ過ぎ状態です。

そのため、朝食を抜くことが解決策の一つとして効果高いです。

 

■朝食を抜く効果

朝食を抜くと、人間の生理学的にもメリットが高いそうです。

朝は生理現象のリズムとして排泄が加速する時間です。

朝起きてトイレに行きたくなるのはそのためで、身体が前日にたまった老廃物を積極的に外に出そうとするのだそうです。

また、朝の午前中に食事を摂るのは身体にとってもマイナスのようです。

胃腸が活性化していないため、食事を摂ると内臓に負担をかけることになります。

その結果として消化不良に陥いる可能性が高いです。

そして、食べ物を摂取しなければ、健康を加速する酵素を無駄遣いしないのが重要です。

健康の秘訣は、身体にとって有益な酵素を体内に残すのがポイントになっています。

酵素が増えれば免疫力も自然治癒力も向上して病気になりにくい体質になります。

したがって、朝食抜けば酵素の消費量が減少するので、健康維持するために多大なメリットになります。

 

■二食が最適!?

三食食べなければいけない、という常識が覆される話でした。

三食を食べない食習慣に慣れてしまえば、空腹も感じなくなります。

また、ダイエット効果と美容効果という点でも理想的で、体質改善されるのですから最高です。

もちろん、二食にしたとしても間食ばかりするのはNGです。

体がきちんと目覚めてから食べた方が良いです。

数十年も1日2食で過ごしていますけど、問題なく健康ですし若いときよりもスリムです。

近頃は週に三回ほどは一食のほうが絶好調です。

ちなみに、牛乳は飲まないほうが良くて、あくまで嗜好品として扱うのが欧米諸国の見解です。

要するに、伝統的な日本食が最も健康美容に最高だという結論です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です