妊活離婚を防ぐ方法!妊活夫婦の本音暴露

女性にとって妊娠と出産は、年齢のタイムリミットがあるため、男性よりも真剣に考えます。

妊活に真剣になりすぎてしまって、生活を崩壊させてしまう『妊活離婚』も増加傾向だそうです。

夫婦で幸せに向かうために妊活をするのですから、なるべく円満に進めていきたいですよね。

そこで、妊活夫婦に質問したときの妊活離婚を予防する対策を解説します。

 

■妊活離婚を防ぐ対策

【1】妻は夫に厳しすぎるな

妊活は女性への負担が大きいので、どうしてもパートナーの男性にイライラをぶつけてしまいやすいです。

しかし、妊活中の男性は妻に誠心誠意に接するために真面目に妊活に協力している姿勢です。

夫の優しさが妊活が上手くいく糧にして、妻は厳格な言葉や態度を控えるように意識しましょう。

 

【2】妊活開始前に規則を決める

夫婦は妊活を始めよう!と決めたときに数々のルールをきめたそうです。

どちらかというと妊活を楽しくするためのルールなので厳しいものではないです。

費用上限を決めておく、タイミングを図るときは軽いノリで実践したそうです。

主人にはキッチリ排卵日ということは秘密にしてそういう雰囲気にして、妻自身はしっかり排卵日を確認していました。

妊活は肉体も精神、時間、お金の面に多大な負担がのしかかります。

夫婦で妊活のお休み”や“終焉”を決めておくと、無理しないで妊活に取り組むことができます。

長期の妊活で規則が堕落しないように、紙面ににその規則を書いて貼ったりお互いに確認しあうのも良いでしょう。

 

【3】コミュニケーションが大切

妊活中の女性は、排卵日だけに人生をかけてしまいやすいそうです。

しかし、排卵日ではないコミュニケーションが妊活成就するポイントになります。

妊活している間、お互い疲れがたまります。

緊張感が漂う雰囲気よりも、常日頃から手を握って歩いたりマッサージをしあったりハグをするなど穏やかなコミュニケーションしあえる関係が大切です。

 

■妊活離婚を予防するために思いやり

お互いに思いやりを持つこと

妊活はとても神経質になりやすいので、夫婦でも本音を言えないですれ違い夫婦になりやすいです。

男女の価値観の違いが目立つので相手の気持ちが理解できないかもしれません。

しかし、決して悪気があるから喧嘩にあるわけではありません。

なるべくハッピーで笑顔で楽しく妊活できるように、愛情と思いやりに満ち溢れた生活を心がけましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です