蜂蜜に含まれるボツリヌス菌が原因の死亡事故

赤ちゃんの死亡事故のニュースが痛ましい事故すぎて悲しくなります。

離乳食として蜂蜜を入れた食品を乳児に食べさせたとき、乳児ボツリヌス症で赤ちゃんが死亡してしまったことが報道されました。

乳児に蜂蜜を食べさせてはいけないことをご存知でしょうか?

知らない人のほうが多いかもしれません。

たとえ蜂蜜の瓶に注意書きとして乳児に食べさせてはダメと書いていたとしても、全ての食品表示を熟読後に食べているのでしょうか?

薬理学の授業でボツリヌス毒素ってのは学びました。

しかし、学校で「蜂蜜はボツリヌス菌が含まれていることがあるので、赤ちゃんに食べさせると危険」という内容を教えてもらっていません。

今回の事故で「そんなこと知らなかったの?」という意見もあるようです。

また「ちゃんと蜂蜜の瓶に書かれているのを読まなかったの?」との意見も見受けられました。

私が学んだ薬理学の教科書を引っ張り出して読み直したところ

ボツリヌス菌やボツリヌス毒素のことは記載されていましたが、蜂蜜に含まれていることは書かれていません。

恥ずかしながら私が乳児に蜂蜜を与えると危険であることを知ったのは、医師になって数年経過して自分の子供が誕生した時でした。

たまたまスーパーで蜂蜜を見かけて購入する時になんとはなしにラベルを見て初めて知りました。

今回の事故に対して「そんなこと知らなかったの」的な意見が「なんで自分で確認しなかったの」風になっていますが・・・。

口にするもの全ての詳細をチェックする人ってかなり珍しいと思います。

「蜂蜜は赤ちゃんには危険」ってことがしっかり伝わっていないような気もします。

赤ちゃんに与えるものなのに何もチェックしないだんて信じられません。

蜂蜜のラベルの注意書きを読むのは「詳細をチェック」っていうほど大変ではないはずです。

乳児ボツリヌスは地域保健センターの離乳食講座・母子手帳などで情報提供されていて、昔よりも認知度が上がっているはずです。

ボツリヌス菌のことまでは知らなくても乳児の命に関係するのだから知らないとは済まされません。

蜂蜜事故の報道後に他にも身近だけど危険な食べ物についての記事が増えたようです。

他にも銀杏中毒って知っていますか?

一晩おいたカレーは美味しいですが、それを食べると食中毒になる恐れがあるのをご存知でしょうか?

ジャガイモのウェルシュ菌による食中毒の症状です。

一晩寝かせたカレーを十分に加熱しないとウェルシュ菌が増殖して、特に大量のカレーを作る時に起こりやすいために多くの事故が発生しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です