Tバックのメリット・デメリットと基礎知識!Gストリング・ソング・チーキー

友人が、自分の履いたTバックの臭いを嗅ぐのが趣味だと言って私の目の前で恍惚の表情をしたのを思い出しました。

ウンコ付いてると、興奮する男がいるだんて信じられません。

結局、Tバックは臭いという考えしかないけど履きます。

そもそも“Tバック”はチャレンジしてみたいけれ、ちょっと勇気がいる下着です。

Tバックはお尻が丸出しにしてしまうというイメージを抱いている方は多いかもしれません。

しかし、Tバックにもいろんな種類があります。

そこで、今さら聞けないTバックの種類と、Tバックのメリット・デメリットを解説します。

「Tバックに抵抗がある」「着用時にちょっと不快感」という方は、以下の特徴を参考にしてTバックの選択方法を考えてみるのをおススメします。

 

■Gストリング

スキニーパンツやタイトスカートなどヒップにピッタリと沿うようなボトムスを履くときはGストリングをオススメします。

下着のラインが響くことはないので、どのようなボトムスを履くときにも最適しています。

セクシーの魅力を強調したいならGストリングです。

フロント部分はV字、サイドとヒップ部分は細いひも状のTバックです。

ただし、スポーツをする時は注意して下さい。

脚やお尻を動かすと食い込みのしめつけが強くなるため、痛みを感じることがあります。

また、下半身全体がむくみやすい人も食い込みやすいので、長い時間も着ないほうが良いでしょう。

 

■チーキー

チーキーは、フロント部分は通常のショーツと同じなので初心者におすすめです。

後方部分はヒップの上半分あたりまで覆うので、まだTバックに慣れていない方にとって使いやすいタイプです。

お尻の魅力をアピールすときにはヒップの下半分を強調してくれる可愛さです。

ただし、密着型のボトムスを着るときに、多少なりとも下着のラインが目立ちやすくなります。

そこで、ふわふわしたスカートやワイドパンツのときに着用することをオススメします。

 

■ソング

ソングは、多くの方々がイメージするTバックの形式に一番近いでしょう。

前方部は通常のショーツに似ているのですが、お尻の部分は正真正銘のT字です。

ヒップの露出がものすごく増えるので、Tバックに慣れて装着しても違和感がなくなってきた中級者以上が対象です。

ソングならば、それほど下着のラインが目立たなくてもヒップ上側ににラインができやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です