朝食に超便利な食材!美容と体調管理に役立つ栄養満点な食品

疲れすぎて朝食をしっかり食べる余裕がない…そんな社会人では出世も出来ないでしょう。

また新生活が始まる新社会人や学生も同様です。

食生活を支えてくれる栄養満点な食材を厳選紹介します。

手軽に食べられるものばかりなので忙しくても負担になりません。

冷蔵庫に常備しておいて体調管理に役立てましょう。

 

■卵

卵は栄養食ともいわれるほど栄養たっぷりです。

賞味期限が比較的長いし、個数も少量から販売しているので便利です。

1人暮らし生活でもジャマになることはないでしょう。

卵に含まれる「レシチン」には「コリン」と呼ばれる成分が含まれています。

このコリンという成分が脳細胞を活性化してくれて老化防止が期待されます。

卵を食べれば頭が良くなるとは申し上げませんが、コリンを多く摂取すると学習能力がアップしたという研究もあります。

脳内のレシチンが不足すると、集中力がダウンしたり、記憶力が低下する恐れもあるそうです。

一生懸命に仕事したいならばサプリメントとして常飲するのをオススメします。

 

■納豆

納豆は栄養満点です。

良質なタンパク質、若返りのビタミンE、エネルギー代謝を促進するマグネシウム、女性が不足しがちなミネラルのカルシウム、むくみ改善と予防のカリウム、食物繊維。

安価で簡単に食べられるのが嬉しいです。

購入しても賞味期限までに完食できないときはパックのまま冷凍庫に保存しましょう。

冷蔵庫で自然解凍すれば食べられます。

 

■ヨーグルト

肌荒れの原因ともいわれている便秘解消と快便に役立つのがヨーグルトです。

ヨーグルトのお陰で腸内環境が整っても食べるのをやめると悪化した状態に戻ってしまうそうです。

手軽に食べられるので毎日の食習慣にしましょう。

ちなみに、便秘になると、腸内で繁殖した悪玉菌などの毒素が腸壁から吸収されてしまいます。

その結果、肌細胞に流れると肌荒れが悪化しやすいです。

ところが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌には腸内環境を整えて整腸作用がよくなる働きがあります。

乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維を一緒に摂ることで腸内フローラが整って腸内環境がよくなりやすいです。

慢性便秘の人はヨーグルトの他にバナナやはちみつ等を組み合わせて食べるのをオススメしますといいです。

 

■バナナ

バナナは朝の手軽な栄養補給食材としておススメです。

皮膚細胞や髪質を整える脂質の代謝促進するビタミンB2、

むくみ予防の働きがあるカリウム、糖質の代謝促進するビタミンB1、

コラーゲン生成と保持するビタミンCも含みます。

安いし持ち運びにも便利ですから常備しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です