マスク臭いのは危険?口臭原因の口内フローラの乱れを解明

自分の口臭は誰もが気になるでしょう。

「周囲の方々に嫌な思いをさせているのではないか」、「悪臭を放っている人間だと思われてないか」など、

自己判断で認識するのが難しいので余計に心配してしまうでしょう。

口臭の原因は、口の中に存在する雑菌です。

腸内細菌と同様に、善玉菌と悪玉菌が存在するほどの“口内フローラ”があります。

この口内フローラが乱れると口臭や歯周病などの原因になります。

そこで、口内ケアについての意識調査の結果を解説します。

また、“口内フローラ”の乱れ度を簡単にセルフチェックできるリストと、おすすめの口内ケア方法も紹介します。

 

■口内フローラの乱れかも!?

約3割が「口臭」を他人から指摘された経験あり

調査でまず、ビジネスシーンでの口臭について聞いたところ、72%が「他人の口臭が気になったことがある」と回答。

実に7割超の働く男性が、「他人の口臭が気になったことがある」と回答して、他人の口臭を気にしながら働いているのが判明しました。

一方で、約3割が「自分の口臭を他人に指摘された」というショックな経験をしたそうです。

口臭の原因の一つに“口内フローラ”の乱れが関係しています。

 

■口内フローラって何?

最近“腸内フローラ”は腸内に存在する細菌のことです。

体にいい働きをしてくれる善玉菌と、悪さをする悪玉菌、またどちらにも属さない“日和見菌(ひよりみきん)に分類されます。

そのバランスが大切といわれています。

それと同じように、“口内フローラ”と呼ばれているんです。

たとえば歯周病菌は通常の菌よりも毒性が高いため、悪い菌の一つ。

歯周病菌が増えていき口内フローラが乱れていくと、食べカスなどに含まれるたんぱく質が分解され、それが口臭の原因となるのです。

 

■口内フローラ乱れ度チェック

口内フローラがどの程度乱れているのか、自己診断できる質問を列挙します。

・マスクをしたときに自分の口臭が気になる

・歯肉から出血

・朝食ぬくことが多い

・よく噛まないで食べる

・硬いものより柔らかいものが好き

・緑茶や紅茶よりコーヒーが好き

・水分をあまり摂らない

・気が付くと口が開いている

・一日中エアコンを使用

・夜更かしが多い

・ストレスを溜め込んでいる

・唾液のネバつきが気になる

 

調査によると、男性が対象でしたが、女性も多くの人が危険レベルから要注意レベルに該当していました。

 

■口臭を予防する方法は?

口内フローラを整えて口臭予防するためにはどうしたらよいでしょうか?

大切なのはフロスで歯と歯の隙間をきれいにすること

歯ブラシでのブラッシング

マウスウォッシュ等を使った洗浄

という3つの過程をしっかり実施することです。

力任せに歯間を通したり、短すぎるフロスで実践すると上手にできないので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です