お口エッチ回避方法!口内発射さけるテクニック

彼とのエッチの最中、あるいは女の子日という理由で挿れることができないとき。

お口エッチのときに、彼から「口に出したい」と言われて抵抗のある女性も多いです。

その男性心理から上手なかわし方まで、恋愛心理カウンセラーが解説します。

 

■男はなぜ「口に出したい」?

口に出す出すって簡単に言うけど、「苦いもの、口で受け止めるなんて無理」という女性も多いでしょう。

しかし、彼にいきなり出されてしまって、実際に口で受け止めたことがある女性もいるでしょう。

どうして男性は「口に出したい!」と言うのでしょうか?

口は性器の象徴として昔から言われています。

身体の部位の中でも、口は心理学的に、女性器の象徴、代替品として扱われます。

男性は、女性の口に自分の性器を挿れることで、実際に挿れなくても「セックスしている」という錯覚になりやすいです。

性器と同じ意味合いで挿入しているので、口内発射は出す感覚があるわけです。

口に出す行為は支配の象徴ですもあります。

男性は自分の下半身から出したものを、上半身にある口で受け止める関係は、“支配の上下関係”を明確にしています。

女性に口で受け入れるだけでなくて、飲み込むことを強要する男性は、さらに強い支配関係を築きたい願望が強いと思われます。

 

■彼の「お口に出したい」上手なかわし方とは?

彼に口に出したい要求をどうやって回避するのが良いでしょうか?

大前提として、“嫌悪感を顔に出さない”ということです。

大概の男性は、口内発射に限らず、自己中を女性にすべて受け止めてほしいのです。

万が一、嫌な顔・表情・口調してしまうと、喧嘩別れの原因にもなりかねません。

あくまでも、にっこり明るい口調で拒否することが大切です。

飲み込むのは、私は苦手だけど、出されるのは全然いい人もいますけど、嫌な人多いです。

大好きな人だったら口出しごっくん大歓迎!という女性はいます。

生暖かいのが口に入ってくるだけでオエってなる人もいます。

好きだから出来るという問題ではなかったです。

そういうことは、自分のアソコを舐めてみてから言うべきだと思います。

系統は違うけど、かなりマズいから。

舐めて貰うなら飲むのに文句は言わない。

逆に、舐めるの嫌がる男に口で出す資格ナシ!

口に出されるのは良いけど…飲み込んだのは一度しかない!無理という女性は多いです。

男が自分で飲めないものを彼女の口に入れるのはダメでしょ。

「支配欲?」って、なんか違う気がします。

男が強制なんかしないけど、女の子に嬉しそうな顔して口でイカせてくれて飲んでくれたら、

男性はたまらなく、相手の女性の事が愛おしくなるようです。

口に出す、出さないはその場の流れ、雰囲気で変化するでしょう。

飲む、飲ませる、飲まない、飲めないはあまり重要ではないです。

AV見過ぎで勘違いしている男も増えています。

口に限らず本気で嫌がることは女性の求めるのはダメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です