入園入学祝いのマナー解説!現金の金額やお返し方法など

入学・入園は「頑張ってね」と気持ちを込めてお祝いをしたいでしょう。

お祝いを頂戴した感謝の気持ち「ありがとう」を相手に伝えるマナーを子供に教える良いチャンスです。

ごく親しい間柄の人たちでお祝いしてあげましょう。

 

■どの範囲までお祝いする?

どの程度の知り合いまでにあげるべきかというと、基本は身内だけ十分です。

甥や姪くらいにしといて、その他ならお付き合いの程度に応じて決めれば良いでしょう。

もしご自分のお子様がお祝いを頂戴しているなら、必ず相手に贈るのを忘れないでください。

 

■何を贈れば良い?

どんなものを贈ればいいのか迷うときは、現金や商品券が喜ばれます。

また図書カードもイチオシです。

親密であるならば、一番欲しいものを直接聞いてもマナー違反にはならないでしょう。

友人は実際に必要なものをリクエストしたそうで、嬉しかったのはやはり現金だったそうです。

既に準備しているものや趣味に合わないものは、頂戴しても残念に思うだけです。

やはり事前に欲しいものを聞いておくほうが賢明です。

 

■お祝い贈られたらお返しは?

入学祝いを頂いたら、入学後に入学内祝を持ってお礼に行きます。

内祝いとして お返しが常識では?という意見もあります。

身内だから返さなくていいとか、その感覚は理解できません!という方々もいます。

親戚付き合いが希薄といっても、一生に何度もない入学祝いには普通はお返しすると思うのでしょう。

一方、入学祝いでお返ししたことない方々もいます。

お祝いをあげても、もらったことがないそうです。

基本的に、子供宛にお祝いを贈るのであって、子供が内祝いを返さなくても失礼にはならない。

親が、それでは気が済まないというのならば、親としてお返ししても構わないという意見です。

友人は出産祝いなら内祝いのお返しはするとしても、入学祝いのお返しはしないそうです。

当たり前ですが、親としては子供には電話でお礼を言わせるか、手紙を書かせます。

子どもは自分で「電話や手紙でお礼しよう」とは分からないので、それをさせるのは親の務めだと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です