短時間でスマホを急速充電できる方法

スマホが機能アップするたびに、1日の終わりには充電器を探してしまう人が多いでしょう。

最新機種が出るたびに画面がどんどん大きくなるので、バッテリー消費が多くなります。

しかし、多忙な日には充電時間さえ確保しにくいのが必定です。

一日中ずっと移動していて10分ほどしか充電できる時間を取れないとき、その10分間で効率的に多くの電力を貯蓄する必要があります。

機種変更はまだ先という人は、ポータブル充電器はいかがでしょうか。

MophieやAnkerなどの商品はあらゆる容量がそろっていて充電が可能です。

唯一の問題は、その充電器を充電することなのですが…。

そこで、短時間でスマホを速攻チャージする4つの方法を解説します。

 

【1】コンセント

コンセントが近くにない場合、ノートパソコンから充電するのがおススメです。

しかし、USBから充電するのは、コンセントよりも遅れやすいです。

もちろん、使われている技術によってその速度は変わるのですが。

それでもUSBで充電する必要があるなら、コンピューターは新しいほうが良いです。

USB規格は供給電力が上がっているからです。

ここでも何につなぐかによって充電できる速度は違ってきますが、最新のほうが良いのは事実です。

ラップトップよりもコンセントのほうが速いのでできるだけコンセントを選択してください。

また、充電器はできるだけ購入時に付属していた純正品を使ってほしいです。

一般的に、純正品はデバイスにとって最も効率よく作られているものです。

代替品を選ぶなら、口コミ評価の高い商品を選んでほしいです。

 

【2】急速充電可能なスマホ

iPhone以外のスマホを買い替えるときは、数分の充電で立ち直れる急速充電テクノロジーの機種を選ぶといいでしょう。

「Qualcomm」のQuick Chargeは、秀逸なテクノロジーの1つです。

最新のバージョン4.0は、今年発売される多くのスマホをサポートします。

一部のメーカーは、独自のテクノロジーを展開しています。

たとえばOnePlusの最新フラッグシップ機種には「Dash Charge」と呼ばれるテクノロジーが搭載されており、0%から90%まで1時間で充電することが可能です。

現在所有している機種の充電が速くなるわけではありません。

しかし、次回の買い替えするとき、本体同様、同梱の充電器が急速充電に対応しているのを確認しましょう。

 

【3】機内モード

充電中の消費電力をできるだけ抑えるのが、短時間で電力を蓄えるポイントです。

機内モードが効果が高くて役立つ方法の一つです。

機内モードにすると、Wi-Fi接続の確認やアプリのアラート表示や電波接続の維持などを解除できるので、消費電力を大幅に節約できます。

充電とは、お風呂にお湯をためるようなもの。漏れがなく、栓がしっかり閉まっていれば、すぐにお湯は溜まります。

機内モードではメールや電話などを利用できませんが、数分間であれば我慢する価値はあります。

実は機内モードは充電していないときでも有効です。

バッテリーの消費を大幅に遅らせることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です