格安航空会社LCCが安い理由!安全性が高い秘密

飛行機の旅行が高値の時代は既に終わって、格安航空券の戦国時代に突入しています。

日本でも格安航空会社(LCC)が普及してきて5年ほどが経過しました。

今となっては、驚くほど格安で飛行機に乗れるようになりました。

格安航空会社の「LCC」は大手エアラインとは違って、格安航空会社の安値の秘密を解説します。

 

■格安の理由は?

格安航空会社がチケットが安い理由が気になります。

格安航空会社が世に出る前は、とても値段が高かったです。

大手航空会社と国や行政機関が独断で値決めをするのが慣行だったので、運賃がどうしても高くなりやすかったです。

しかし、アメリカやヨーロッパで料金の自由化が進み、各国で航空規制が緩和しました。

格安航空会社がアジア諸国でも台頭しました。

日本では、2012年に国内格安航空会社の3社が就航してきて発展しています。

そもそも格安航空会社のチケットが安値の理由は、1機に対して座席数を増設してサービスを簡素にしているからです。

雑誌を設置しないで、機内食や毛布などの提供を有料にしています。

手荷物に応じで追加料金が別途かかるときもあります。

日本の格安航空会社であっても正確に時間通りに飛行するとは限りません。

格安航空会社が大手航空会社よりも離陸が遅れる可能性が多々あるようです。

そのため、格安航空チケットを購入するときは、時間を確保したスケジュールを意識するのが大前提です。

また、格安航空券の購入にも注意が必要です。

搭乗当日に買える確率は少ないでしょう。

かなり前でないと買えないのが格安航空券のつらいところです。

格安航空会社のチケット購入方法は、一般的にインタネットのでのクレジットカード決済となります。

ちなみに、ピーチやジェットスターはコンビニエンスストアのLoppi(ロッピー)でも購入できます。

手数料が加算されるので気をつけてください。

 

■安全面は高い

格安航空会社は安さが売りですけど安全面が心配でしょう。

しかし、パイロットの経験値や整備システムは大手と変わらないです。

格安は信用してなくて、怖くて未だ乗れない人もいます。

ただし、大手だから必ず安全だとも言えません。

整備にはマニュアルには差が無くても見えないところでは格差があるというのは都市伝説だと思います。

格安航空会社であっても機材も古くないですし、安全性は大手と同レベルでしょう。

飛行機の旅といえばマイルがたまるサービスがあります、

格安航空会社ではマイルのポイントが貯まらないのが基本です。

ただし、ジェットスター・ジャパンで追加料金を払ってオプションを選択した場合のみ、25%のJALマイルが積算されます。

LCCを利用するときは国内が限界です。

正直に言って、時間が長いと格安航空会社の旅客機では狭くてきついです。
LCCは旅行好きにとって安くてとても有難いです。

月1〜2回のペースで旅行に出かけるようになった方もいます。

沖縄以外であれば飛行機に乗っている時間は国内だと1〜2時間程度です。

せいぜい二時間以内であればスペースが狭くても我慢できます。

また、格安航空会社は片道だけでも利用できるのも嬉しいです。

往路と復路で別々のエアラインを選択するのも良いですね。

また、違う航空会社で乗り継いで数か所を周遊するのもおススメです。

格安航空会社であれば旅を自由にアレンジしながら楽しめます。

現在、格安航空会社の便数が多いのは近距離路線です。

その中でも韓国・台湾・香港・中国・マカオなどが人気です。

シンガポール・タイ・マレーシア・オーストラリアなどへの直行便もあります。

乗継便を利用すれば、ヨーロッパや中東などにも行けます。

LCCのパイロットはJALとかANAに行くための訓練生だというのは本当でしょうか?

万が一、墜落したときJALとかANAのパイロットであれば、一億円とか保険金が下りるそうです。

一方、ピーチとかジェットスターなどであれば180万円程度だけの賠償責任保険金しか貰えないそうです。

飛行機事故を想定するのは避けたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です