美容健康にダメ飲料?朝飲まないほうが良い飲み物を厳選紹介

人間は夜から朝に寝覚めるまでに約コップ一杯分の180ccほどの汗をかくと言われています。

寝起きの朝には体内では水分が足りていない状態ですから、朝の水分補給は非常に重要になります。

また、朝食のときに美容や健康を考慮して栄養補給するととても無駄のなく消化吸収できます。

一方で、朝から摂取しないほうがよいドリンクもあるのをご存知でしょうか?

そこで、健康と美容を最優先にする場合、朝食時に避けるほうが良い飲料を解説します。

 

■冷たい水やドリンク

冷たいドリンク類は、起床後の直後に飲むと胃腸に大きな負担を掛けてしまいます。

できるだけ常温の飲料を飲むようにしましょう。

 

■コーヒー

起きてすぐや、朝食前にコーヒーを飲むのはNGとされます。

カフェインはコーヒーに含まれていますけど、血糖値を上げ過ぎてしまいます。

そのため、どうしても太りやすくなりやすいです。

ただし、コーヒーを飲むと必ず太るわけではないで誤解しないように気を付けてください。

コーヒーを飲む時間帯と飲む量を気を付けてほしいです。

「どうしてもコーヒーを飲まないと目が覚めない、スッキリしない!」という方は、起床してから30分以上を経過してから飲むのをおススメします。

 

■フルーツジュース

朝のフルーツは何でも大丈夫、むしろ摂るほうが良い!というイメージを持っている方が多いでしょう。

実は、オレンジなどの柑橘系の果物には、「ソラレン」という物質が含有されています。

ソラレンを摂取すると、身体が紫外線に反応しやすくなります。

つまり、紫外線を微量に浴びるよりも、シミやシワが増えやすくなるそうです。

ソラレンの作用は、摂取してから2~5時間が頂点に達するそうです。

つまり、柑橘系のジュースを飲むなら、朝よりも夕方以降のほうが賢明です。

 

■スムージー

朝の目覚めのドリンクとして、スムージーを常飲している方々が多いです。

スムージーはお肌や腸内環境にも良いと言われていますけど、その材料には気をつけてください。

シミやシワの原因になるとされる「ソラレン」を含む果物や野菜は選ばないほうが良いでしょう。

ソラレンが多く含まれる食材として、以下のようなものがあります。

オレンジ、レモン、キウイなどのは予想できますけど、にんじん、シソなども含まれてる。

 

■朝に最適なドリンク?

朝に理想的な飲み物は「白湯」です。

白湯には内臓の機能を上げる作用がある為、体内の老廃物がスムーズに排出されるようになり、デトックス効果も期待できます。

リンゴ酢やブルーベリー酢などのお酢には、疲労回復効果や免疫力を強化する働きがあるのでオススメです。

飲む点滴と言わるほど、美肌や健康にとって栄養価が高い「甘酒」も朝食代わりにしても良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です